薬剤師転職deリスタート

病院や薬局、転職先の探し方(転職するなら病院?薬局?)

Pocket

転職先の探し方

薬剤師が務める勤務先というのは、大まかに分けて病院、調剤薬局、ドラッグストアなどですが、たとえば病院と言っても公立、私立、大学病院、個人病院、など様々な形態があり、それぞれ働き方に違いがあります。
もちろん調剤薬局にも大手チェーンから個人店まで、待遇、忙しさなど1店1店違いますから、どの職場が自分に合った職場なのかは分かりにくい部分があります。

病院の薬剤師

ご存知だと思いますが、病院の薬剤師の業務は、一般的には医師の指示に従って薬を調合し患者さんへの配薬を行うことですが、それだけでなく注射や点滴の薬液の調合なども病院薬剤師の仕事の範疇です。
また病院の規模が大きければ大きくなるほど医薬品数も多く、たくさんの医薬品の情報や最先端の医療・治験などの知識も必要です。
日々、薬の種類も増えていきますから、病院薬剤師は常に勉強していかなければなりません。薬剤師としてスキルの高さが要求される病院勤務の薬剤師の場合、医師や看護師、その他の病院スタッフとも関わりが多く、人間関係にも気を使いながら仕事をしなければなりません。そして入院設備のある病院では夜勤、土日祝日出勤と、仕事となることも多いので、その分仕事はかなりハードで忙し過ぎる傾向もあります。
ただ高いスキルを求められる分、仕事のやりがいはありますし、給与面でも優遇されることが多いのが、病院勤務の薬剤師です。

調剤薬局の薬剤師

一方、調剤薬局は基本的な業務は、処方箋に合わせて薬剤を処方するだけですので、病院勤務の薬剤師よりも比較的仕事はゆるやかで、スキルの高さを要求されることはあまりないでしょう。そういう意味では、転職に対する難易度は低いといえるでしょう。
そして病院勤務のように、医師や看護師、その他のスタッフ、患者さんなどと直接に接する機会は極めて少ないですから、人間関係のわずらわしさもなく、トラブルをさほど抱え込まないのは調剤薬局の薬剤師の職場メリットと言えます。
ただ、調剤薬局内で勤務する薬剤師の人数が少ない分、他の薬剤師と不仲となってしまった場合、逃げ場がなくなり意外と人間関係のわずらわしさを招くこともありがちですので、その点病院勤務より神経を使うこともあります。
調剤薬局は、比較的人気の職場であるため、辞めていく人も少なく薬剤師の求人自体が少ないので働きたくとも働き口が少ないのが現状です。そういう意味では、調剤薬局の転職したいときは、地域を限定せず幅広い地域から探すことが必要となります。

あなたに最適な職場探しを

求人件数の多さという観点から見ると、中小病院は求人件数も多く、採用条件も緩やかで病院側も中途採用に積極的に動いています。
また、中小病院は薬剤師の数自体が少ないため、短期間で病院薬剤師としての様々な業務に触れることができるため、病院薬剤師として力をつけていきたい人には、かなり魅力的な職場と考えられますね。

業種に限らず、一般的に転職先を探すときは、インターネットの求人広告や、Web採用情報、求人雑誌から探して選ぶ事が多いかと思います。
業種別の転職サイトもあり、特にインターネットでの薬剤師転職サイトは、薬剤師の転職をスムーズに行うためのノウハウが満載です。
最新の求人情報はもちろん、求人情報も常に新しいものが掲示されるなど、自分に合った求人情報を見つけ出しやすい工夫がなされています。
また、転職するためのノウハウや求人先の情報もわかりやすく、おまけにそのまま求人先のホームページへアクセス可能な利点があります。
当サイトでは、こうした薬剤師転職希望者専用のサイトを網羅し、各サイトの詳細な情報や特徴を紹介しております。
おすすめの求人・転職サイトはどこなのか?当サイトから見つけ出してご活用ください。

Pocket