薬剤師転職deリスタート

薬剤師は退職金ってもらえるの?年金は?老後のお金を把握しよう

Pocket

 

薬剤師が転職活動をする際に一番気になるのは何と言っても年収です。年収は生活に直結するので大切ですよね。

 

しかし年収だけがお金ではありません。今後、日本は過去にない少子高齢化社会を迎えることにより、退職金・年金制度が変化します。

 

老後に必要となる退職金や年金について、しっかりと把握して将来に向けて備えておきましょう。

薬剤師の退職金事情

退職金が貰える薬局と貰えない薬局があるの?

転職活動をしている最中に退職金や老後の年金についても同時に考えられる人は稀です。多くの場合、目先の年収や職場の人間関係に目がいきがちです。

 

しかし、長い目で見ると就職先の退職金制度や年金制度こそが重要になってくる時期が必ず来ます。退職金や年金は定年後の生活基盤となるからです。

 

薬剤師の半数以上は調剤薬局に勤務しています。しかし、その調剤薬局のほとんどが中小企業です。東京証券取引所に上場しているような大手企業は10社程度しかありません。

 

そのため、人生を会社に任せっきりでいると情報弱者となり貰えるべきものが貰えなくなるので注意しましょう!

 

退職金支払いは義務ではないの!?

世の中には退職金制度のある会社とない会社があります。退職金給付制度がある会社は全体の75.5%程度と言われています。

 

企業規模で比較すると、大企業ほど導入率が高く、全体で見ると4社に1社は退職金制度が導入されていないのが現状です。

 

公務員には退職金給付が義務付けられていますが、基本的に民間企業には義務付けられていません。

 

民間企業の退職金給付制度の有無は各社の就業規則によって定められています。ちなみに退職金の対象者は正社員です。

 

※派遣社員、契約社員、アルバイトは普通は対象から除外されます。

 

退職金についてQ&A方式で理解する

退職金について詳しい話を聞いたことがない人は、一度インターネット等で退職金の概要を把握しておくとよいでしょう。

 

参考になるホームページとしては、Q&Aが載っている独立行政法人労働政策研究・研究機構がおすすめです。

 

Q:わが社は従業員20人の零細企業なので、通常の退職金を払う余力がありません。退職金というのは、必ず払わなければならないのでしょうか。

 

 

A:民間の企業については、法律上必ずしも退職金の支給義務はありません。
しかし、退職金は職業生活引退後の重要な資金となりますので、できるだけ安定的に支給される必要があります。そこで、制度上も判例上も、退職金が確実に支給されるよう様々な工夫がされています。

引用:独立行政法人労働政策研究・研究機構

退職金の計算方法とは?

退職金の算出には計算式があります。

 

退職金 = 1か月の基本給 × 勤続年数 × 給付率

 

この計算式のポイントは給付率です。給付率は会社によって異なりますが、平均率で自分の退職金を出してみましょう。

 

自己都合の退職(転職・引越しなどの自己の都合によるもの)では58%
会社都合の退職(倒産・定年・解雇)で67%程度

 

例えば、基本給が30万円/月の薬剤師が5年勤めた後自己都合退職する際の退職金(給付率を60%とした場合)

30万円 × 5年 × 0.6 = 90万円

 

退職金は90万円となります!

 

退職金給付方法

退職金の給付方法は2種類あります。

 

退職一時金制度:退職時に一括して一時金を支給

退職年金制度:一定期間または生涯にわたり一定の金額を年金として支給

 

給付方法は会社によって様々です。両方を併用しているところもあれば、片方だけのところもあります。

 

2014年9月度退職金・年金に関する実態調査では、併用している会社が66.3%と半数以上を占めています。

 

ちなみに退職一時金のみは12.9%、退職年金制度のみは15.7%という結果でした。

 

退職金は何年勤務したら貰えるの?

薬剤師が転職活動を開始する上で退職金について把握しておくことは大切です。

 

もし半年後に退職金受給対象者となる場合、転職時期を半年後以降に設定した方が有利だからです。

 

自分が退職金の給付対象者かどうかは、勤務中の会社の就業規則を確かめる必要があります。身近に就業規則がない場合は上司や総務等に問い合わせましょう。

 

ちなみに正社員であっても誰でもが退職金の受給者となれるわけではありません。理由は、各会社で最低勤務年数を定めているからです。

 

東京都の産業労働局調査によると、自己都合退職の場合の最低勤続年数は以下でした。

 

最低勤務年数3年:50%
最低勤務年数1年:16%
最低勤務年数2年:14%

 

一般的に退職金給付対象者の最低勤務年数は3年という所が多いです。調剤薬局の場合、多くの会社が最低勤務年数を3年に設定しており、薬剤師の確保が難しい様な零細企業では5年のところもあります。

 

そのため、勤務年数が3年満たない状況で退職を考えている場合は一度退職時期について考えてみることも大事でしょう。

 

ポイント
退職金の支払いは民間企業には法律で義務付けられていない
多くの企業は最低でも3年勤めないと退職金がでない
退職金の計算には計算式がある
退職金給付額は会社の給付率によって異なる

薬剤師はどのくらい年金が貰えるの?

将来的に年金受給年齢の引上げが起きる!?

年金制度は引退した高齢者に対して給付される金銭の事です。年金は引退後の生活費の役割として大切です。

 

しかし、ここ数年でまた年金受給年齢を段階的に引上げるというニュースや情報が多くなってきました。

 

昭和10〜20年代は男性女性共に55歳から年金を貰えていました。昭和後半の改定では60歳以上、平成6年の改定では65歳以上に引き上げられています。

 

改定の度に年金受給年齢の引き上げがお決まりのようになっているため、次の改定で70歳になるのは現実味を帯びています。

 

年金受給年齢は70歳、もしかしたら75歳になるかも!?

参考:朝日新聞 『年金受給開始「75歳とか…」 内閣府の検討会で意見』

 

年金情報に関しては悲観論・楽観論共に出回っていますが、このまま少子高齢化が進むと悲観論の方が現実的で健康で働ける間は、がんばらないといけなくなるかもしれませんね。

自分の年金受給額を知るには?

国から自宅に送付される「ねんきん定期便」には2通りあり、35歳・45歳・59歳時には封書タイプ、それ以外の年はハガキタイプで送られてくるので年金受給予定額を知ることができます。

 

封書タイプの方がより細かく加入履歴や保険料納付額なども記載されています。自分の年金給付予定額は各自異なるので、定期的に確認するようにしましょう!転職回数が多い人は特に注意です!

 

記録に漏れがないか?結婚や離婚で給付記録が止まっていないか?行政側も手続きミスをすることがあるのでしっかり見ておきましょう!

 

参考:日本年金機構ホームページ「年金定期便の見方や解説」、「年金ネットの使い方ホームページ

 

 

実際どのくらい年金が貰えるの?

薬剤師として調剤薬局で勤務した後、年金はどのくらいもらえるのでしょうか?これは年代によって異なるので一概には言えません。

 

2014年に特集として組まれたダイヤモンドザイで「驚愕!今30代の年金月額は15万円程度、ウソだらけの年金の本当の受け取り額は?」という記事が出ました。

 

この特集の中では年代別の将来の年金受給額予想が発表され、驚くほど少ない年金額で話題になりました。

 

65歳でもらえる年金 ※下記の年齢は2014年時点の年齢です

モデル:夫(会社員勤続40年) 妻(専業主婦) ①平均月収40万円 ②平均月収50万円

 

・60歳の場合 → ①約20万円 ②約22万円

・50歳の場合 → ①約18万円 ②約19万円

・40歳の場合 → ①約16万円 ②約18万円

・30歳の場合 → ①約14万円 ②約16万円

 

世代が若くなればなるほど年金受給額が低くなっています。現代の日本は若者の非正規雇用も問題となっていますが、社会構造の悪循環のしわ寄せが若者にいってしまっているのが明白です。

 

日本人の平均寿命を考えると、定年を60歳とすると80〜85歳まで20〜25年間もあります。

 

この20数年という長い期間をどう生き抜くか、早めに計画を立てておく必要があります。

確定拠出年金って知っていますか?

確定拠出年金は会社で加入しているの?自分で加入するの?

確定拠出年金という制度をご存知ですか?大企業では導入しているところが多いので社内情報として知っている人もいるかと思いますが、日本全体ではまだ認知度が低い制度です。

 

担当省庁は厚生労働省で、厚生労働省「政策」確定拠出年金制度にて示されています。

 

参考:厚生労働省「確定拠出年金制度」

 

確定拠出年金とは

平成13年(2001年)に設けられた私的年金制度です。この制度は米国の401Kを手本に作られていて日本版401kとも呼ばれています。

 

この確定拠出年金には企業型と個人型があり、掛金を拠出して資産運用していきます。この資産運用分を老後に受給を出来るような年金制度となっています。

 

ただし運用次第では元本に対してプラスにもマイナスにもなりえるのでポートフォリオを定期的に見直す必要があります。

 

【企業型年金】

労使合意のもとで従業員を加入させて掛金を企業が拠出します。※大手調剤薬局で確定拠出年金を導入している会社には、総合メディカル株式会社があります。

 

企業が毎月個人に対し掛金を納めて、それを個人が運用をしていくというものです。

 

退職金などとは違い、仮に転職をしても転職先が確定拠出年金制度を導入していれば、今まで積み立てていた資産を持って、次の職場に行くことも可能となります。

 

【個人型年金】

加入者本人が掛金を拠出し、国民年金基金連合会が主体となって運営します。

 

※勤めている会社に確定拠出年金制度が導入されていれば会社が主体となって運用してくれるのですが、実際は大きな企業でしか導入されていないようです。そのため、個人で加入することになります。

 

ちなみに個人型確定拠出年金の加入人数は、2017年6月の時点で約55万人です。人口比で4%弱です。加入率が低いのは確定拠出年金のことを知らないのと、資金を基に運用するので元本割れが起きる可能性があるということかもしれません。

確定拠出年金って節税できるの?

確定拠出年金制度は、毎月定期的な自己資金から自分が選択した運用商品を自動的に購入してもらうシステムです。

 

商品には日本のファンドから世界の株式ファンドまで幅広くラインナップされています。要は小口の投資のイメージです。

 

そのためハイリスクハイリターンな商品を選ぶと元本割れが生じる可能性が高くなります。一切リスクを取りたくない人は元本割れのない商品を選びましょう。商品選択をする際には各商品の概要を理解してからにしましょう。

 

国がこの確定拠出年金を進めているのは老後資金を自ら確保する方向性を示唆しているからです。

 

詳しくは日本インベスターソリューションズの確定拠出年金のポータルサイトを参照するとよいでしょう。

 

確定拠出年金のメリット

メリット① 毎月の掛金が全額所得控除の対象となり所得税と住民税が軽減する! 例:年収が700万円の人の場合、毎月23,000円拠出すると年間で所得税・住民税が82,800円減少

 

メリット② 運用して得られた利益は全額非課税となる!

 

メリット➂ 年金で受け取る場合も一時金で受け取る場合も控除対象となる!

 

運用益の非課税効果を大きくするためには長期運用がおススメされています。他の資産形成制度は運用益に対し20%課税されますが、確定拠出年金は課税されません。

 

※確定拠出年金の拠出は60歳までしかできないので早めに加入することがポイントです!

 

 

確定拠出年金のデメリット

デメリット① 運用成績によって将来の受取額が変動する。

 

デメリット② 原則60歳まで途中解約できない。

 

個人型確定拠出年金ポータル:節税メリットシミュレーション

※年収等を入力して節税のシミュレーションができます。

薬剤師転職のオススメ転職サイト

転職活動を行う際に「次は10年以上勤められる職場を探そう!」と決めている人もいるかと思います。

 

退職金などの将来的なお金のことを認識し始めると、長く働くことで手にできるお金に対しても意識して考える事が出来るようになります。

 

大手調剤薬局の総合メディカル株式会社は退職金制度も確定拠出年金も導入しています。

 

各社の複利厚生面については表明方法が異なるので、転職をする際にはどのような制度が導入されているかを確認しておきましょう。

 

ちなみに面接の場で初対面の人に退職金等の質問をするのは、印象を悪くしてしまうので控えましょう。転職サイトのコンサルタントさん経由で確認するのが一番スマートです。

 

退職金や確定拠出年金が導入されている会社を希望している場合は、業界最大手の「薬キャリ」への登録をオススメします。

 

調剤薬局業界の情報が豊富で迅速に対応してくれます!転職サイトの登録先に迷ってしまう時は「薬キャリ」を押さえておけば問題ないでしょう!!

まとめ

今後日本は少子高齢化に向かうので、年金に関しても定年に関してもひと昔前の常識は通用しなくなります。

 

過去を参考にせず、お金については可能な限り新しい情報を手に入れましょう。

 

転職の際には年収だけにとらわれることなく、年金額の算出計算式に当てはめて考えたり節税できるものは大いに利用するなどして、多方面から考えていきましょう。

 

薬キャリの公式サイトはこちら

 

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア