薬剤師転職deリスタート

マツモトキヨシに転職する?元従業員が語る!年収や昇給・残業・体験談

Pocket


マツモトキヨシに転職してみようかな、そう考えている方はこの記事をぜひ最後まで読んでください。

 

実際にマツモトキヨシで4年間働いていた私が「マツキヨって実際どうなの?」というところについてお話します。

 

給料のこと、残業のこと、ノルマのこと。気になることがたくさんあるはずです。元従業員だからこそ分かる情報をお伝えしていきます。

みんな気になるお金のこと。年収・ボーナスはいくら?昇給はある?

やっぱり気になるのがお金のことじゃないでしょいうか。

 

転職するならできるだけ年収の高いところに行きたいし、どれだけ年収が上がる可能性があるのかも前もって知っておきたいものです。

 

新卒で入ったときの年収と辞める直前の年収
どうすれば昇給するのか
ボーナスはいくら貰える?支給時期は?

 

これらのことについて順番にお話していきます。

新卒で入ったときの年収と辞める直前の年収

私は新卒でマツモトキヨシに入社し、それから4年間、同じ店舗で働いていました。

 

入ったときと退職したときの年収の差額が分かると、4年でこれくらい年収が上がるんだねという1つの指標になるかと思います。

 

ただし、マツモトキヨシは地域によって若干ですが年収が違うので、必ずしも全ての方がこの年収になるわけではないということだけ注意してくださいね。

 

私が入社して1年目のころの年収は約465万円でした。就職先を探しているときに求人に書いてあった年収です。

 

そして4年目の私の年収は約530万円でした。4年で75万円くらい年収が上がっていますね。なぜこんなに年収が上がったのでしょうか。

どうすれば昇給するのか

実は1年目から2年目になるときにちょっとラッキーなことがあったんです。

 

薬剤師国家試験の合格率がガクっと急激に下がった影響で、マツモトキヨシの見込みよりも遥かに少ない人数しか薬剤師を確保できなかったんですね。

 

そのため他社との差別化を図り、薬剤師を集めるために翌年から一気に年収を上げたわけです。

 

このおかげで465万円から505万円まで一気に年収が上がりました。今では1年目から505万円支給されるようになっています。

 

3年目を迎えた頃、社員のランクが上がりました。マツモトキヨシは日ごろの評価によって社員をランク付けをしており、ランクが上がると給料も上がる仕組みになっているのです。

 

ほとんどの人が3年目にランクが1段階上がるようになっています。ちなみにやるべき仕事をしっかりしていれば大抵の場合は3年目で上がるようになっています。

 

ランクが1つ上がったことによって年収が約30万円プラスになりました。つまり年間で約530万円貰っていたことになります。

 

4年目では特に何も昇給するイベントがなかったので、最終的には約530万円まで年収が上がったことになります。

 

ちなみに、実は私、「店長やってみませんか?」とお誘いを受けていたのですが、どうせその年に退職することを既に決めていたのでお断りしていたんですね。

 

もし店長を引き受けていたら年収は約600万円近くまで上がっていたと思います。

 

店長になるには店長試験に受からないとなれないのですが、受かれば手当が月に5万円くらい付くので年間でプラス60万円くらいにはなるのです。

 

ランクを上げる
店長の資格を取る

 

この2つが年収を上げる大きなポイントとなります。ランクを上げるのも店長になるのも、ものすごくハードルが高いわけではありません。

 

やる気と行動力で評価を積み重ねれば誰でも手が届くものです。

ボーナスはいくら貰える?支給時期は?

マツモトキヨシは薬剤師だけ年俸制です。が、一応ボーナスという名のお給料を貰うことができます。6月と12月の2回ボーナスが支給されます。

 

ランクが上がる前は合わせて約65万円、ランクが上がった後は80万円くらい貰っていました。

ドラッグストアは残業が多いという噂は本当なのか?

この噂は正直、本当で残業は多いと思います。基本的にドラッグストアは薬剤師だけでなく、登録販売者などの一般従事者の頭数も足りていません。

 

足りていないままお店を回していくには残業をして労力を補うしかないわけです。多いときは月に30時間くらい残業をしていました。1日で14時間も働いたことも。ちょっとしんどかったですね。

 

残業が多いのはOTC販売の方だけなのかと思いきや、調剤併設店でもかなり残業していましたよ。

 

私の知り合いは調剤併設店で調剤のみを担当していたのですが毎日3時間くらいは残っていました。どうやら薬歴の記入がなかなか終わらないようです。

 

残業が多いことは事実なのですが、例えば育児短時間制度を利用しているような人はちゃんと時間通りに帰れるので安心してくださいね。

 

さすがに子持ちのママ薬剤師にまで残業させるほどマツモトキヨシは鬼畜ではありません。

 

そこまで残業はないよ、と言っていた同期もいたので、残業があるかないかは配属になる店舗によって大きく変わります。

有給休暇はちゃんと取れるのか?

有給はみんなちゃんと取っていましたよ。1年間で7日間、有給を使えます。7日連続で取って海外旅行に行く人もいましたね。

 

3日+4日に分けて年に2回有給を使って連休を取る方法もありでした。とにかく7日は使えるようにシフトを作る人がうまく調整してくれます。

 

ちなみに私は4年間働いていたうち、2回ほどこの7日間の有給とは別に有給消化をしています。

 

そう、インフルエンザなどの病気にかかったときは規定の有給日数とは別に有給を使ってお休みすることができます。なので、急な体調不良も安心ですよ。

調剤でもOTC販売でも年に数回の研修を実施

マツモトキヨシでは薬剤師の質を高めるために、年に数回ですが研修を行っています。

 

話題の新商品についてだったり、しっかり売り込んでいかなくてはいけない商品の知識だったり、とにかく会社が薬剤師に知っておいて欲しいことを教わる研修です。

 

私が初めて受けた研修は、エパデールの販売認定薬剤師の資格を取るためのものでした。

 

エパデールの販売資格は確かに取っておかないと販売自体ができませんからね、会社が研修の場を用意してくれたのでとてもありがたいです。

 

他には販売強化品のリニューアルがあったときや、要指導医薬品や1類医薬品で新商品が出たり分類の変更があったりしたときも研修を開いてくれました。

 

OTC店舗で働いている人限定の研修もあれば調剤併設店限定の研修もありますが、ほとんどの場合はどちらの店舗で働いていても受けられる研修でしたよ。

調剤併設店の薬剤師の働き方

調剤併設店の中でも調剤とOTCの売り場の両方をするところもあれば、調剤しかしない店舗もあります。

 

調剤しかしない店舗の仕事内容はほとんど普通の調剤薬局と同じです。

 

OTCの売り場は売り場で1つのグループ、調剤は調剤だけのグループで仕事をしているのでお互いにあまり干渉をしません。

 

OTCの売り場の店長と少し話すことはありますが、頻繁に顔を合わせるということもないですね。

 

一方で、調剤もOTCの売り場も両方する場合はちょっと話が変わります。

 

何時から何時までは調剤、何時からは売り場というようにシフトが決められているのでどっちもこなしていくことになります。

 

調剤の方にしか要指導医薬品や1類医薬品を置いていない店舗では、OTCの売り場に出るとひたすらレジを打つだけということもあります。売り場に出ている間は薬剤師らしい仕事をできないわけですからね。

 

考え方を変えれば、医療用医薬品も一般用医薬品も勉強できるという捉え方もありますが、向き不向きが分かれるのではないでしょうか。

マツモトキヨシで働いていて嬉しかったこと・つらかったこと

働いていると嬉しいこともあれば、どうしてもつらいことだってあります。

 

働いていて嬉しかったこと
働いていてつらかったこと

 

実際に私が経験したことについてそれぞれ2つずつご紹介しますね。

働いていて嬉しかったこと

お客さまと顔見知りになれる

毎日働いていると、少しずつ「この方はいつもこれを買われるな」とか「この方はいつも袋はいらないって言ってくれるな」というのが分かってきます。

 

お客さまに言われるまえにいつもの商品を出してあげたり、袋はいらないですかね?とのお声がけができたりすると相手もちょっと嬉しそうにしてくれるんです。

 

そんなことが積み重なっていくと、次第にお店で世間話をするくらいの仲になっていきます。

 

私のことを気に入ってくれた方は、わざわざお店の近くを通ったからと言って買うものもないのに顔を出してくれることもありました。

 

こんな店員とお客さまの壁を少しだけ越えた関係を築けるのはドラッグストアならではだと思っています。

 

自分の頑張りが数値に反映される

OTC店舗で働いていると自分の発注担当の売り場を与えられます。

 

もっとこの商品の売り上げを伸ばしたい、と商品の位置を変えたり、今までとはまったく違う場所に展開したりと試行錯誤をするのですが、この結果が売り上げに反映されるとけっこう嬉しいものです。

 

売り上げが伸びれば自分の評価も上がります。目に見えて結果が見えるのは楽しいですよ。

働いていてつらかったこと

販売ノルマがある

お店には、売り上げや粗利を伸ばすために売り込んでいく販売強化品というのが必ずあります。

 

いわゆるPB商品と思ってもらえたら良いかと思います。本当は違う商品をお客さまに勧めたいのに、販売強化品を売らないといけないという場面が何度もありました。

 

薬剤師として売るべき商品と、会社が売って欲しい商品とが一致しないことも多く、嫌々売っていたのを覚えています。

 

休憩が取れない

これはOTC店舗のみに言える話ですが、休憩を時間分しっかり取れることはほとんどありませんでした。

 

どうしても休憩に入る時間が押してしまうことが多いのです。お店全体が人手不足で業務が回っていないのが大きな原因ですね。

 

休憩中に売り場に薬剤師が他に誰もいなければ、休憩中の薬剤師が裏から呼ばれてしまうこともしばしばあります。

マツモトキヨシはこんな方におすすめ

マツモトキヨシはどんな方におすすめなのか、私が4年間働いていて感じたことは2つあります。

 

オフをしっかり楽しみたい方
どんどん年収を上げたい方

 

この2つに当てはまる方はぜひマツモトキヨシを転職先の候補に入れてみてください。

オフをしっかり楽しみたい方

マツモトキヨシは全国展開していて、とても規模の大きい企業なので有給に関してはしっかり取ることができます。

 

たまの息抜きに遠出したいなと思っている人は有給を使いやすいマツモトキヨシはおすすめですよ。

どんどん年収を上げたい方

頑張って年収を上げていきたいと思っている方にもおすすめします。

 

マツモトキヨシよりも早く昇給できるドラッグストアは他にありますが、自分の実力に合わせて急ぐことなく昇給ができるのはマツモトキヨシだけだと思っています。

 

まだ知識が乏しいのに、急に店長をさせられるようなドラッグストアでは心身共にいつか限界が来てしまいます。

 

やる気と行動力、そして結果が付いてくればかなり年収を上げられます。店長をやっている薬剤師の中には年収700万円以上もらっている人もいますよ。

 

店長からさらに昇級してSVになったり、本社勤務になったりすると年収1,000万円を超えることもあります。転職をしてからも年収を上げたいという方にとてもおすすめです。

マツモトキヨシに転職検討中の方におすすめの転職サイト

マツモトキヨシに転職するなら必ず転職サイトを使うようにしてくださいね。

 

そうでないと調剤併設店が良かったのにOTC店舗に配属になったり、逆にOTCが良かったのに調剤併設店に配属になってしまったりすることがあります。

 

調剤併設店かOTCかの希望が合わないまま働いている人は、しばらくは我慢していても後から嫌になって辞めてしまうことが多いのです。

 

転職サイトはいろいろありますが、中でも私がおすすめしたいのは「薬キャリ」です。

 

取り扱っている求人が約5万件とかなり多い。
全国の求人に対応している。
希望の条件に合うように求人先に交渉してくれる。

 

求人サイトによっては2~3万件しか取り扱っていないところもありますが、薬キャリはなんと5万件もの求人を取り扱っています。

 

求人数が多ければ多いほど転職先の候補が広がるので良いですよね。また、日本全国の求人に対応しているので引越しを伴うような転職も問題ありません。

 

そして薬キャリを使う何よりのメリットは、条件に合うように求人先に交渉してくれるところですね。

 

例えば「残業なし 家から30分 調剤のみ」のような条件を出しても問題なく受けてくれます。自分ひとりで転職をするとなると、ここまでわがままな条件はなかなか言えませんからね。

 

担当のコンサルタントが求人先に条件を受け入れられるか、年収をもっと上げられないかなどの交渉をしっかりしてくれるので満足のいく転職ができますよ。

 

このような厚いサポートがあるのでマツモトキヨシに転職を考えている方は、ぜひ薬キャリを使ってみてください。

まとめ マツモトキヨシはオフをしっかり取りたい方、転職後も年収を上げたい方にオススメ!

マツモトキヨシの年収は4年で100万円近く上がる
頑張り次第では年収1,000万円も可
1年に1回最大7日間連続で有給休暇が貰える
残業が多い傾向にあるが、頑張りが数値に反映されやすいという特徴もある
マツモトキヨシへ転職するなら交渉力の高い薬キャリがおすすめ

 

ランクを上げ店長になることで最短4年で100万円近くの年収アップが可能です。そのままキャリアを積んでいくことで大台の年収1,000万円超えも不可能ではない数字です。

 

有給休暇も最大で7日間連続で取得できるので海外旅行だって行けますよ。

 

残業がちょっと多いのはデメリットではありますが、自分の頑張りがそのまま数値として現れるのでやりがいが大きいというメリットもあります。

 

研修もちょこちょこあるので必要な知識をしっかり吸収できますし、しかもその知識を使って売り上げを伸ばすことだってできます。

 

マツモトキヨシにも店舗によってさまざまな特徴があるので、転職を考えている方は交渉力の高い薬キャリをフル活用して、希望の条件にぴったりの職場に転職しましょう。

 

薬キャリの公式サイトはこちら

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア