薬剤師転職deリスタート

薬剤師の年収はここで決まる!薬剤師が転職するときの大切なポイント?

Pocket

 

薬剤師の方々に対して、働き方の相談受付や転職支援を行っている、キャリアコンサルタントの「薬剤師の年収」に関する話をまとめたコラムです。

今後の転職活動に役立てていただければ幸いです。

 

 最近、よく知り合いの薬剤師の方から 「薬剤師って、具体的にどういうスキルを磨けば、年収が上がるのですか?または、 転職に有利にはたらくのですか?」といった類の質問を受けます。

たしかに薬剤師の仕事ってとても忙しく、毎日毎日、目の前の仕事をこなすのに精一杯になってしまいがちですよね。

ふとした時に「果たしてこれが自分のキャリア形成に役立っているのだろうか・・・」と疑問を感じたりすることもあるのではないでしょうか?

 

 そんな、多くの薬剤師の方がお持ちになるご不安を、少しでも軽減していただけますように、今回「薬剤師の年収UPのポイント」「年収が上がりやすいスキルや経験」について詳しく説明していきたいと思います。

薬剤師の年収UPのポイント1 特に求められる、薬剤師のコミュニケーション能力

 最近、非常に多くの薬局で「接客」に力を入れられていることをご存知でしょうか。

 

そういった状況から、どの会社の採用担当の方に話を伺っていても「会話がうまくできる人が欲しい」ということをお話しされます。

接客に必要な会話スキル、コミュニケーション能力が、ダイレクトにその薬局の評価・評判、ひいてはリピート率や売上に関わってくる、ということなのでしょう。

 

 ですが、実際「コミュニケーションスキルの高い薬剤師さん」というのはそう多くないというのが実情です。

これは人材市場に流れてくる人に限っての話かもしれませんが、ビジネスシーンでの言葉遣いがあまり出来ていない薬剤師さんは結構多く見受けられます。

例えば、「わたし」と言えずに「俺」と言ってしまう方や、「御社」という表現を使えない方など───。

 

ですが、だからこそ、話すのがうまい薬剤師コミュニケーションスキルの高い薬剤師というのは希少価値が高くなり、強く求められるようになります。

 

 つまり、コミュニケーション能力が高い薬剤師さんは、年収交渉もしやすいということですね。

あくまで参考程度ですが、既定の年収より+20万くらいはアップを見込めるのではないでしょうか( 例:コミュニケーション能力が高い薬剤師が年収600万円で出ている求人に応募した場合、交渉によっては年収 620万円くらいまでは上げられる可能性がある)。

※ 薬剤師の年収の見込み金額については、景気や市場の状況によって変動いたします。あくまで目安ということでご参考ください。

 

 では、現在ではコミュニケーションについて課題のある薬剤師さんは、コミュニケーション能力を高めていく為には一体どうすれば良いでしょうか?

 

 私は、この問いに関してはいつも、「まずは患者さん目線で患者さんの満足度を上げられるようになること」とお応えしています。

イメージとしては、患者さんから「この薬剤師さんと話せてよかったな」と思われるようなコミュニケーションを取るといったところでしょうか。

 

 たとえば、患者さんが自分から進んで話しかけてくれる薬剤師とか、指名されるような薬剤師になれれば、コミュニケーション能力の高い薬剤師が実践できていると考えて良いのではないでしょうか。

ですので、評価面談や転職面談等、これまでの薬剤師としての実績をアピールしなければならないシチュエーションになった際は、お客さんや患者さんに信頼されていた、もしくは好かれていた、というようなことが分かる具体的なエピソードがあると良いでしょう。

例えば「自分を頼りにしてくれる常連の患者さんがいた」であったり、「薬と関係ない家庭の相談を日常的に受けていた」といったエピソードや事例があると、評価はとても上がりやすいでしょう。

 

薬剤師の年収UPのポイント2 有能な薬剤師は人間関係の調整が出来る

 薬剤師に限らず、多くの職場では複数の人たちとのチームワークで業務を進めていきますが、その際に、「人間関係の調整」が出来るスタッフというのはとても重宝されます。

…まあ、当然と言えば当然ですよね。

 

そして、この「人間関係の調整」スキルこそが、コミュニケーション能力と同様…いえ、それ以上に年収交渉に有利なスキルなのです。

 

 なぜこういったスキルがそれ程重要視されるのかというと、実は薬剤師は離職率がやや高い職業であり、スタッフの入れ替わりコストで頭を悩ませている薬局の経営者からすると、【店舗内の良い雰囲気作りができて、他の薬剤師に「この店舗で働けて良かったな」と思わせられる薬剤師】というのは、とても欲しいと思える人材だからです。

 

 「人間関係の調整」スキルは、一朝一夕で身につくものではありませんが、簡単なところからでも、例えば以下のような点を意識していくことでも自然と培われていきます。

スキル向上の必要性を感じられる薬剤師の方はぜひお試しされると良いのではないでしょうか。

・他人の価値観を受け入れて、良いところを見つけてみる

・出社や退社時のあいさつの際、絵が意で、普段よりも大きい声を出すようにする

・退職を悩んでいる人や、仕事がうまく行かず元気がなくなっている人を、フォローする

・飲み会やランチなど、他のスタッフが抵抗なく参加できるような催しものを主催してみる

・職場で使う文言の統一や、備品類の配置ルールの整理を促して、スタッフの事務作業の手間を少なくしてあげる

 「人間関係の調整」を行っていくということは、単なる人と人の関係性の度合だけでなく、店舗・職場の全体を俯瞰して状況を改善していくことにも繋がります。

それゆえ、このスキルはコミュニケーション能力よりも更に重宝されます。

こちらもあくまで参考程度ですが、年収交渉の際にこのスキルがあることによって、既定の年収より+50万くらいの上昇を見込める可能性があります。

薬剤師の年収UPのポイント3 マネジメントスキル(管理能力)はとても大事

 さて、これまで薬剤師が年収を上げやすいスキルとして「コミュニケーション能力」「人間関係の調整(店舗全体を俯瞰して見れる)スキル」を挙げさせていただきましたが、それ以外にも、年収UPに繋げられるスキルは何があると思いますでしょうか?

 

 その次に来るのが、いわゆる「マネジメントスキル」(組織や店舗、チームの管理能力)です。

いわゆる、薬局長や、ドラッグストアの店長としての業務実績のことですね。

 

特に、薬剤師が3人~5人いる薬局を回して運営してましたという薬剤師の方、その他、受発注や、レセプトの管理など、いわゆる管理薬剤師業務をやられていたいう薬剤師の方などは、現在どの職場でも需要があり、年収交渉もされやすいと思われます。

 

 さて、ではこの「マネジメントスキル」があることによってどれくらいの年収アップが見込めるかというと…普通の薬剤師の相場より50〜100万円くらい高く出ることが予想されます。

こちらの内訳としては、まず基本給のベースアップとして、大体 月+2〜5万円があり、更に、管理薬剤師手当が月+2,3万円つきます。これらを年間12ヶ月分で計算すると、年収として+100万円弱になる、という計算です。

 

 マネジメントスキルに関わる管理業務ですが、実際の業務が何で構成されているかというと、まず「雑務」が多いです。

具体的には、いわゆる労務管理であったり、あとは薬の発注や、薬の卸の営業の人や、MR、病院とのやり取りなどがそれにあたります。

そして、続いて多いのが、「人の管理をするスキル」です。

例えば「採用」に関わる仕事であったり、店舗見学の対応や、面接の対応がこちらにあたります。…そして、この「人の管理をするスキル」というのが、マネジメントスキルの中でも特に求められるスキルなのです。

 

 先ほども、薬剤師は離職率が高いということをお話ししましたが、マネジメント経験のある薬剤師の方は、それらに対する対策などの経験が必然的に積み上がっているんですよね。

そう言った点が、薬局の経営者からの高評価を得られやすいのです。

 

 ですが、マネジメントスキルを培いたくても機会がない…という方は、どうすればよいでしょうか?

───一般に言われているのは、それをやりたいということを、自発的にアピールすることです。

つまり、「私やりたいです」と上司に伝えるということですね。

 

声を上げれば、どこかのタイミングで管理薬剤師候補になるチャンスが与えられる可能性が高まります。

逆に、声を発しなければ、その可能性は(ゼロではないにしても)なかなか高まらないということですね。

薬剤師の年収UPのポイント4 逆に「このスキルは特に大事ではない」というもの

 さて、「年収交渉がしやすいスキル」ということをこれまでお話してきましたが、逆に「このスキルでは年収を上げられない」というものについてもお話していきたいと思います。

 

 ここまで読まれていた薬剤師の方々の中でも、「『専門薬剤師』『認定薬剤師』『アロマテラピスト』はどうなの?」と何人かの方は思われているのではないでしょうか。

 

 ──実は、こういった資格系のスキルは、年収UPや採用時の評価には特に繋がりません。

これは、私のキャリアコンサルティング経験から見ても、資格が薬剤師さんの年収アップにつながった事例は無いに等しいのです。

 

 また、たとえば「私は皮膚科を極める!」と言った風に特定の科目だけ専門性を高めようとするのも、年収アップには繋がりません。

むしろ、そういった専門性に特化していることが強調されすぎると、転職時に逆に年収を下げられてしまう可能性もあります。

──なぜかというと、専門分野に特化した薬剤師になるということは、総合的に対応する薬剤師と比較して扱える薬品の数が圧倒的に少なくなってしまうからです。

 

総合科目の薬局ですと、だいたい3000種類程の薬品を扱えるスキルが求められます。

ですが、例に出したように、「皮膚科に特化した」薬剤師であったり、いわゆる単科の薬局であった場合は300〜500種類程の薬品しか知らなくともやっていけるのです。

そして、そう言った状態で10年以上働いていると、なかなかそこから総合科目を受け付ける薬局に転職するのは難しくなることでしょう。

 

 つまり、薬剤師としてキャリアアップ、年収UPを狙っていく方は、特定の資格獲得や、専門性に特化した働き方はあまりしないほうが得策ということです。

それよりも、なるべく早い段階で、もっと広く薬品数を扱える総合門前などの薬局に転職したほうが有利と言えるでしょう。

まとめ──高年収な薬剤師を目指していくために

 ここまでのお話を読まれて、いかがでしたでしょうか。

薬剤師として、キャリアアップ、年収UPをしていく上で重要となるのは、専門的なスキルよりもむしろ、コミュニケーションや人間関係人のマネジメントといった、人に向けられたスキルが多いということが確認できたと思います。

 

  薬剤師にとって最も一般的な仕事は「薬を調剤すること」ですが、そのためには、とてつもなく緻密な作業が必要となったり、お客様への説明責任があったり、更には、新薬を憶えるための勉強は薬剤師を続けている限り一生続きます。

そのようなストレスフルな環境においては、個人の専門スキルだけではなく、お客様との信頼関係を高め、チーム・スタッフ間で協力・共創していくための、コミュニケーションや人間関係、マネジメントスキルが大きく求められるということですね。

 

 薬剤師の皆さんが、これを読まれて今後のキャリアアップにお役立てされることを、切に願っております。

 宜しければ、是非ご参考になさってください!

 

自分のスキルにあった転職先を見つけてもらえる

完全オーダーメイド求人のファーマキャリア

 

コミュニケーションに自信がないけど年収UPさせたい!

薬剤師派遣求人業界最多・高時給案件多数のファルマスタッフ

 

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア