薬剤師転職deリスタート

薬剤師さんたちの主な転職理由と最適な転職策とは?

Pocket

いざ転職したい!と思っても、
転職するまではいろいろと悩んでしまいますよね。

 

たしかに転職というのは容易いことではないですし、
転職するとなったら、やはり失敗は避けたいものです。

 

そこで参考にしたいのが、転職をしている他の薬剤師さんたち。
他の薬剤師さんはどんな理由があって転職をしたのでしょうか。

 

ここでは薬剤師さんの主な「転職理由」をご紹介すると共に、
「理由において最適な転職策」もご紹介していきます。

薬剤師さんに最も多い転職理由は人間関係

薬剤師さんが転職したい理由として一番多い「人間関係」。

 

転職理由は人それぞれです。
ただし、転職する際に気をつけなければならないことは、
「問題の根本」に気づくことが大事だということです。
そうしないとまた同じような職場に転職してしまうこともあるのです。

 

そこで問題の根本を大きく別けると二つあります。
「ハードワーク」「特定のポジションについている人」の二つです。

 

「ハードワーク」は、
職場が多忙すぎるのが原因で人間関係が築きにくいことが考えられます。

 

次に「特定のポジションについている人」ですが、
管理薬剤師や店長とウマが合わない場合と、
年長の女性薬剤師と気が合わない場合の二つのケースがあります。

 

まず、管理薬剤師や店長とウマが合わない場合。
必ずしもそうではありませんが、
個人薬局などはマネジメントに乏しい管理薬剤師が付いていることが多いのです。

 

また職場年数が長い女性薬剤師と気が合わないというような場合は、
「新卒採用を積極的に行っている会社」に転職するほうが良いです。
新卒の採用を行っている会社は、それだけ若い薬剤師さんが多くなるわけですから、
その分、年配薬剤師さんに悩まされるストレスは軽減されます。

 

そこで若い薬剤師さんの割合を確認するためにも、
最低でも3社、可能なら5社6社は転職前に訪問することを強くおすすめします。

薬剤師さんの転職理由にはキャリアアップも

キャリアアップを理由に転職する薬剤師さんには、
大きく分けて3つのパターンがあります。
「年収を上げたい」「ポジションを上げたい」「経験を積みたい」。

 

年収を上げたい場合、おすすめなのが、
「マツモトキヨシ」「日本調剤」です。
マツモトキヨシは管理薬剤師で1,000万円日本調剤なら800万円くらいです。

 

役職やポジションを上げたい場合は、
10店舗~50店舗の中規模の薬局は避けたほうが良いです。
なぜかというと、中規模の会社は離職率が低く、待遇も良い反面、
長く勤める人が多いのでポストがなかなか空かない
からです。

 

経験を積みたいという場合は、
「どういう働き方をすれば心地良いのか」をシンプルに考えればいいと思います。
バイヤーとして全国をまわりたいとか、大手で働きたいとかです。
例えばバイヤーなら「イオン薬局」があります。

スキルアップも転職理由の薬剤師さん

薬剤師さんにはスキルアップのために転職する人もいると思います。
スキルアップを目指すときは、
何のスキルを上げたいかを明確にすることがとても重要です。
薬剤の知識、在宅、服薬指導など、それぞれによって一番いい転職先が変わってきます。

 

例えば「薬剤の知識」を身につけたい場合、
扱いたいのが処方薬なのか、OTCなのかによっても変わりますが、
まず、処方薬の知識が欲しい場合は、
豊富な種類の薬を扱える総合病院門前の薬局がおすすめです。
皮膚科だけ、眼科だけ、などの単科のところは知識が偏るので避けた方が良いでしょう。

 

またOTCの知識を身に付けたい場合は、
「サンドラッグ」のようなカウンセリングに力を入れているドラッグストアをおすすめします。

 

「在宅」の場合は、患者さんの自宅に行くスタイルの居宅に行きたいのか、
老人ホームなどの施設に行きたいのかで変わってきます。

 

その中でも居宅型の本格的な在宅を望む人は、
在宅に特に力を入れている「みよの台薬局」や、「スギ薬局」をおすすめします。

 

また「服薬指導」についてスキルを高めたい場合は、
「薬の知識」と「患者さんの応対スキル」の二つに分かれるため、
自分のやりたい方向がどちらなのかを見定めることが必要です。

「薬の知識」を高めたい場合は、総合病院門前の薬局が良いですし、
「患者さんの応対スキル」を高めたい場合は、
「座り投薬」に力を入れている「ファーマライズ薬局」のようなところがおすすめです。
座りながら患者さんと応対ができるので、コミュニケーションが取りやすいのです。

薬剤師さんの転職理由は何でもいい

薬剤師さんが転職するために「しっかりとした理由」は実は何でも良いのです。
電車に乗りたくない、自慢したい、など軽い理由でも、
それが本当に幸せに思うなら転職理由は何でも良いのです。

 

例えば「月~木の4日間で40時間働かせてほしい」、
「ダブルワークしたい」「合コンがしたい」など、
幸せの価値観は人それぞれなので、
自分の気持ちにとことん正直になってみるのも転職成功の秘訣になることでしょう。

まとめ

薬剤師さんの転職理由は人それぞれですが、
肝心なのは、「人間関係の本当の原因を突き止めること」です。

キャリアで悩むならば「どういう働き方をすれば心地良いのか」を考えることです。
そして自分が幸せだと思うなら「転職理由は何でも良いということ」です。

 

現在、転職を考えてる方に少しでも参考になれば幸いです。

 

転職理由が年収を上げたい方におすすめな転職サイト:薬キャリ

 

役職やポジションを上げたい方におすすめな転職サイト:マイナビ薬剤師

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア