薬剤師転職deリスタート

薬剤師の仕事内容は職場によって大きく変わる?転職活動の参考に!

Pocket

 

医薬品全般について幅広い知識を持つ「薬」の専門家──薬剤師。病院や診療所のみならず、街のドラッグストアや大学や行政など、薬剤師はこれまで以上に人々の日常生活において無くてはならない存在になってきています。そんな薬剤師の方々が務める職場には、どんな種類のものがあるか、皆さんはどれだけご存知でしょうか?

 

 薬剤師の人が務める職場例

・調剤薬局

・ドラッグストア

・製薬会社

・病院

・大学

・行政

 

このように、薬剤師が務める職場はいろんなパターンがあるのですが、困ったことにこれらパターンごとにそれぞれ、薬剤師の業務内容やメリット、よく寄せられる悩みなどが異なってくるのです。

 

──そこで、今回は薬剤師の、職場環境ごとの業務内容、特徴についてまとめてみました。転職活動中で、新しい職場でのチャレンジを検討中の薬剤師の方は、是非参考にしてみてください!

調剤薬局での薬剤師のお仕事

「薬剤師」と聴いて多くの人が思い浮かべる職場の風景として、「調整薬局」が挙げられるのではないでしょうか。病院やクリニックのある所には必ずと言っていいほど近くに調剤薬局がありますし、お薬を利用される人々にとっても、一番馴染みのある「薬剤師のいる職場」と言えるでしょう。

・調剤業務

では、その「調整薬局」で薬剤師はどんなお仕事をしているのでしょうか。──すぐに思いつくのが、薬の処方(「調剤業務」と言います)ですよね。調整薬局では、病院やクリニックで作られた処方箋を元に薬を処方し患者さんに提供することが、薬剤師の主な業務になるでしょう。

 

調剤業務においては、患者さんから受け取った医師からの処方箋に不備がないかをチェックすることも含まれます。このときに保険番号や有効期限、患者さんのお薬手帳を見せてもらうなどして、重複投薬や相互作用の恐れがないかも確かめる必要があります。何もなければ調剤業務をスタートしますが、何か不備や疑わしい点があれば、薬剤師は処方箋を書いた医師に対して確認照会を行う必要があります。

・ 服薬指導、薬歴管理

薬の用意ができたら、患者さんにお薬を手渡します。その際に、きちんとわかりやすく薬の説明を行うことも薬剤師の重要なお仕事の一つです(「服薬指導」と言います)。服薬指導の際は患者さんとのコミュニケーションが一方通行や自己満足にならないよう注意して進めます。例えば、飲むタイミングや飲み方などを分かりやすく伝えること。他に服用している薬があれば、飲み合わせについて説明するなどです。

 

 また、これまでの薬の使用経緯に問題や懸念が無いか、お薬手帳などを確認しながら患者さんの薬歴も確認し、必要に応じてアドバイスすることも大切です(「薬歴管理」と言います)。

 

調剤薬局は、患者さんにとって最後の医療機関です。それだけに、薬剤師の役割は重要です。薬の飲み方・使い方によっては、症状が改善されないばかりか、かえって悪くなるケースもありますので、そのことを常に頭に入れておき、患者さんとの信頼関係を築けるよう接することが大切です。

・管理薬剤師としてのお仕事

調剤薬局でキャリアアップするには「管理薬剤師」というポジションになる方法があります。「管理薬剤師」には特に資格があるわけではなく、雇用している会社側が認めれば通常の業務に加え、医薬品の在庫やレセプトの管理などといった仕事もお任されるようになります。そしてお仕事が増えた分は、お給料ややりがいのアップにもつながっていくことでしょう。

調剤薬局でのお仕事は何が大変?

調剤薬局で働かれている薬剤師さんの「悩み・大変なこと」で多く上がってくるのは「一日中調剤に追われて仕事がハード」ということです。──なぜなら、一つの調剤薬局で働く薬剤師さんの数はあまり多くなく、1人当たりの業務負担が大きくなりがちだからです。通常、1人の薬剤師さんが一日で裁ける処方箋枚数は「平均40枚あたりまで」と言われていますが、薬剤師さんの数が足りないという調剤薬局では一日に1人で平均70枚裁いているという薬剤師さんもいらっしゃいました。

 

調剤薬局に転職する際には、事前に患者さんがその薬局に来店する頻度や回数がどれくらいか、併せてその薬局に薬剤師免許を持っている人がどれくらいいるのか知っておくと、事前に業務の忙しさがある程度把握できそうですね。

ドラッグストアでの薬剤師のお仕事

続いては、「ドラッグストア」でのお仕事。最近では国内ドラッグストアの店舗数も増え、薬剤師が働く職場として、すっかりお馴染みになったのではないでしょうか。ドラッグストアにおける薬剤師の主なお仕事は以下の2つが挙げられます。

・ 一般用医薬品(OTC医薬品)の販売

一般用医薬品(OCT医薬品)とは、医師に処方してもらうのではなく、「この薬が欲しいので購入する」というように自分で選んで買える医薬品のことです。ドラッグストアでは、薬剤師は当然ながら一般用医薬品(OCT医薬品)の販売を行っていく必要があります。

・ 相談業務

病院やクリニックでの診察後に来店される調剤薬局と異なり、ドラッグストアではお客さんが直接薬剤師に身体の不調等を相談してくる場合があります。そういった相談をきちんと受け、適切な対処などを紹介することも、ドラッグストアに務める薬剤師の大切なお仕事です。

・その他ドラッグストアでの薬剤師のお仕事

また、調剤も行うドラッグストアの場合は、その他にも調剤薬局と同じく、「調剤業務」「服薬指導」「薬歴管理」の業務を行うことになります。

 

ドラッグストアでは調剤薬局とは異なり、市販薬やサプリメント、健康食品などを扱うため、それらの幅広い知識も必要とされることが多いです。また、売り場のレイアウトや売り上げ管理を担当する可能性もあり、そう言った点では調剤薬局よりもさまざまな知識・経験に触れる機会を得られると言えるでしょう。

 

このように、ドラッグストアで働く薬剤師は実に様々な業務をこなさしていく必要がありますが、将来的に医療用医薬品が第一類医薬品に移り変わっていく可能性もあるため、ドラッグストアでこうした幅広い知識を得られるという点では、ひとつの大きなメリットと言えるでしょう。

 

また、キャリアアップという点でも、マネージャー職や店長を任させるケースも多いため、早い段階で昇進を望む人にとっては選択肢のひとつとなります。

製薬会社での薬剤師のお仕事

続いては「製薬会社」で働く薬剤師のお仕事を紹介していきましょう。製薬会社というと、薬剤師の花形「創薬」が思い浮かぶかもしれませんが、実はそれだけではなく、製薬会社で働く薬剤師の職種は多岐に渡るのです。

では、それらお仕事を順にご紹介していきましょう。

・創薬のお仕事

ご存知の方も多いかもしれませんが、「創薬」とは、新薬を開発する仕事です。薬を開発するには多くの研究や臨床試験を行う必要があり、莫大な時間とお金がかかります。製薬会社の命運がかかっているといっても過言でないため、創薬に携わるには薬学部で学んだ知識だけでなく、大学院での高度な知識と能力が求められる、まさに新薬開発のスペシャリストといえるでしょう。

・CRC(治験コーディネーター)のお仕事

CRCは「治験コーディネーター」と呼ばれ、医療機関における被験者のケアや服薬指導の他、医師のサポート、外部企業との調整を行うなどの仕事があり、治験の契約から進行、モニタリングまで治験が終了するまでの一連の流れに携わるお仕事を指します。

 

具体的なCRCの仕事としては、被験者のスケジュール管理、検査値などのデータ収集などが挙げられます。

・CRA(臨床開発モニター)のお仕事

CRAは「臨床開発モニター」と呼ばれ、治験から新薬申請までの諸々の手続きを進めます。中でも一番重要なのが、治験が適切に行われているかを検証、確認するモニタリング訪問です。

 

具体的なCRAの仕事として、治験の契約、進行、モニタリング、治験の検証、確認、報告書の作成、記録の保存などが挙げられます。

 

CRCとCRAですが、人と接するのが好きでコミュニケーション能力を生かしたい場合はCRC、より専門的な薬学の知識やデータ管理能力を生かしたい場合はCRAの方が向いているでしょう…といったところで適正を判断しても良いかもしれません。

・MR(医薬情報担当者)のお仕事

MRは、自社の医薬品を適正に使用してもらうことと自社の医薬品を普及させるため、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性などの情報を提供することです。

 

また、情報の提供だけでなく副作用などの情報収集も行い、自社に持ち帰って研究開発担当者へフィードバックするなど、製薬会社と医療従事者とを連携させるという大切な役割もあります。具体的な業務は、担当する病院や医院によっても異なりますが、基本的には1日数件訪問して自社製品の説明をしつつ、医師や医薬品卸の担当者たちとの信頼関係を築くことが重要な仕事になります。

 

医師との接点が多くできるという点で、将来、調剤薬局の開業を検討している人にとってはMRの仕事は向いていると言えるでしょう。実際に、MR経験者の薬局経営者も多くいるようです。

・臨床開発(QC,QA,DM)のお仕事

その他、薬剤師の業務として、新薬の開発に携われる仕事で、治験における品質管理(QC)、品質保証(QA)、データマネジメント(DM)に関する業務といったものがあります。

 

QCとは品質管理のことで、新薬開発において治験が適切に行われているかを評価・検証するのが主な仕事です。CRAが作成した書類をチェック・検証することで逸脱や違反がないかを未然に防ぎ、医薬品の品質向上を担う仕事です。

 

QAとは品質保証部門のことで、医薬品の製造から出荷までの評価と検証、不良品が出ないようにするための仕事です。万一不良品が出た場合は、原因を探り改善するという重要な仕事も任されます。

 

DMはSAS(統計解析)やオラクル(データベース処理)などの高い専門性や情報処理能力が求められる仕事です。適確性判定管理や治験進捗管理サポート、症例報告書のチェックやデータ入力管理、誤記チェックなど文書や記録作成など、信頼できるデータを確保し報告書に反映させる重要な役割があります。

・DI業務でのお仕事

DIはDrug Informationの略で、DI業務という職種は医薬品情報を管理するスペシャリストです。その業務内容は、副作用や臨床現場でのデータなど、日々研究開発が進められる医薬品に関する情報を収集・整理し、その情報を必要とする人に適切な形で提供することを指します。

 

製薬会社をはじめ、医薬品の卸業者や大きな病院などには通常、DI室というものが設置されています。病院でのDI業務は、主に院内の医師や看護師などを対象に情報収集と提供を行いますが、時には治療過程での副作用が出るなど緊急性のある業務へも対応しなければなりません。

 

一方、製薬会社や卸業者の場合は、病院のDI業務担当の薬剤師からの問い合わせもありますし、その他、医療従事者や社内の営業マンから業務に必要な資料の提供を求められることもあり、更なる専門知識と資料作りなどのスキルも必要になってきます。

製薬会社でのお仕事は何が大変?

高給と言われている薬剤師の製薬会社勤務ですが、「全国転勤が多い」「残業が比較的多い」などといった薬剤師の方々の不満も多いようです。

 

製薬会社での勤務は給料もよく、福利厚生なども整った働きやすい環境である場合が殆どでしょう。ですが、実際の仕事はハードなところも多いようです。転職の際は、転職先の会社の勤務体制や従業員の働き方の傾向など、事前に調べておくと良いでしょう。

病院で働く薬剤師のお仕事は?

薬剤師の勤務先として忘れてはいけないのが「病院」勤務。…以前では調剤業務が薬剤師の主な仕事でしが、時代の変化により、現在では薬剤師としての総合的な能力が必要とされるようになってきました。その仕事内容は、例えば「調剤業務」、「服薬指導(外来・入院)」、「薬歴管理」といった調剤薬局でも必要となる業務のほか、「薬剤師外来」、「病棟薬剤業務」、「注射薬調剤業務」、「DI業務」、「医薬品の管理」などが挙げられます。

 

更には、最近では抗がん剤治療に関わる外来化学療法室、チーム医療など、医師や看護師、その他医療スタッフとともに連携して業務を行うことも増えてきています。

 

「TDM」と呼ばれる薬物治療モニタリングという仕事があるのですが、これは医師と協議し患者さん一人一人に合わせた薬物療法を行ったり、抗生物質や臓器移植の際の免疫抑制剤などの薬の血中濃度を測定するという業務です。このように他のお仕事と比べてもタイトな内容が多いですが、その分やりがいを感じられるお仕事も多く、薬剤師にとって人気の職種でもあります。

病院でのお仕事は何が大変?

薬剤師の人気職業とされている「病院薬剤師」ですが、「当直や夜勤が多くて体力的に限界」「医者、看護師との人間関係が難しい」といった不満を抱えている薬剤師の方も多いようです。

 

特に病院では医師、看護師との「チーム医療」ですが、まだ医療分業が完全には浸透していない日本ではやはり医師の決定権が強く、医師と薬剤師の間の相性が合わず苦労される病院薬剤師さんも少なくないと言われています。

行政・大学での薬剤師のお仕事

薬剤師はこのほか、行政や大学でお仕事をするといった場合があります。

・大学での薬剤師のお仕事

大学で働く薬剤師の仕事は、多くは薬学部の大学教員のことを指します。そしてそれらの人たちは「実務家教員」と呼ばれ、臨床系教員として扱われます。

 

実務家教員は自らの研究をしながら学生に講義をし、講義がない時間は教授の研究を手伝ったり、学会・研究会に出席して研究成果を発表したりすることもあります。また、薬学部が増えたことで、実務実習先を確保する業務がウエイトを占める傾向になってきているようです。

 

実務家教員になるには、まず薬剤師として5年以上の業務経験が必要となります。更には、学歴や研究歴のほか推薦も重要なため、なかなか厳しく、かつ狭き門であると言われています。ですが、結果次第では、助手→講師→准教授→教授と出世することもできます。

行政での薬剤師のお仕事

行政での薬剤師のお仕事もあります。例えば、「厚生労働省などの省庁で法令や薬事行政などに携わる仕事」、「麻薬取締官」、「保健所での(薬事衛生/環境衛生/食品衛生)に関わる仕事」「公立病院などの医療機関」などがそれにあたります。

 

大前提として、薬剤師として行政で働くには公務員試験を受ける必要があります。国家公務員・地方公務員どちらの試験を受けるかは働く職場により異なり、公立病院の薬剤師の場合は公務員試験が不要な場合もあります。

 

国家公務員として働く場合は、国家の薬事行政に携わる仕事を行うことが多く、国家1種、2種の試験に合格する必要があり、専門性も高くなります。

まとめ

このように同じ薬剤師でも、さまざまな活躍の場があります。ここでご紹介したお仕事以外にも、漢方薬局や食品・化粧品メーカーなども転職先として考えられます。さらに、2013年に「一般用医薬品のインターネット販売」が認められたことによって、医薬品のネットショップの管理やコールセンターの求人など、薬剤師の資格を活かせる職種はますます増えていくことでしょう。

 

ですが、ここまで述べさせていただきました通り、職種・仕事内容によって薬剤師の方々に求められる業務やスキルの内容は大きく異なってきます。どの職種にも言えるのが、その職種の特徴、求められるスキルと、勤務地となる職場の様相を把握しておくことにより、よりスムーズに薬剤師としての業務を遂行できるようになるでしょう。

転職をご検討されている薬剤師の方へ

ここまでお読みになられて、「薬剤師の転職って結構大変そう…」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。確かに、未経験の職種に向けての転職をご検討されている薬剤師の方は、少なからずのご不安をお持ちのことでしょう。

 

そのようなときは、しっかりと求人情報を比較検討していけるような、またキャリアアドバイザーへの質問等の密なコミュニケーションが可能な、大手転職サイトへの登録をされることをお勧めいたします。その中でも、薬剤師の登録数が一番多いと言われている転職サイト「エムスリー(薬キャリ)」が特にお勧めです。

エムスリー(薬キャリ)の特徴は、まず運営会社が国内トップ3に入るくらいの薬剤師向けの大手人材紹介会社(ソニーグループの会社のエムスリーグループが運営)であること、更には都市部だけでなく地方の求人情報も厚く紹介できる求人情報量を持っているということです。その他、エムスリー(薬キャリ)は、地域に根ざした小さい薬局や、地方の求人を厚めに紹介できる仕組みを持っていますので、地方在中の方や、Uターン、Iターン先の勤務地をご検討の方にもオススメの転職サイトです。

 

薬剤師の方は、エムスリー(薬キャリ)を使って、時間が空いたときに求人情報をチェックしたり、専門のコンサルタントに相談したりしながら、希望にぴったりの転職先を見つけてみては如何でしょうか!?

 

薬キャリの公式サイト・詳細情報はこちら

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア