薬剤師転職deリスタート

薬剤師が製薬会社に転職するメリットは?仕事内容・年収など徹底解説

Pocket

 

 

薬剤師の皆さん、こんにちは。

薬剤師の方々が「転職しよう」と思ったときに考える勤務先と言いますと、病院や薬局やドラッグストアなどがまっさきに思い浮かぶことでしょう。ですが、薬剤師の勤務先はそれでだけではありません。例えば、「製薬会社」、そのほか「行政施設」や「大学」でも薬剤師の募集をしていることもあります。

 

特に製薬会社勤務は、近年薬剤師の方々の中でも人気の就職・転職先となってきており、現在薬剤師資格の保有者のうち約15%の方々が、製薬会社で活躍しています

 

ですが、ひとえに「製薬会社勤務」と言っても、その働き方は「MR(医療情報担当者)」から「CRC(治験コーディネータ)」、「CRA(臨床開発モニター)」など、様々です。そして、それぞれの業務で求められるスキルや、特徴、得られるメリットも変わってきます。

そこで今回は、多くの薬剤師の方々の関心も高まりつつある「製薬会社での勤務」について、そして製薬会社に転職する上で意識しておきたい特徴やメリットを中心に、お話していこうと思います。

 

薬剤師が製薬会社で働く際の仕事の種類、内容は?

test-218181_1280

 

「薬剤師の製薬会社勤務」と聞いてすぐに思いつくのが、「MR(医療情報担当者)」という方は結構多いのではないでしょうか。ですが、前述のとおり製薬会社の薬剤師勤務はMR以外にも様々な働き方があります。

 

また、もう少し厳密に言うとMR職は薬剤師資格を必須としておりませんので、文系の学部出身の方も多くいらっしゃいます。ですので、転職サイトで「MR職」を探す際も、薬剤師専門の転職サイトだけでなく一般の転職サイトでも探した方がより多くの求人を見つけられることがあります。

 

 ──ということで、まずは「薬剤師が製薬会社で働く際に、どのような仕事(職種)の種類があって、それぞれどんな仕事内容なのか?」という観点で、説明していきましょう。

 

薬剤師の製薬会社での仕事#1 【MR(医薬情報担当者)】

冒頭でもご紹介したMR(医薬情報担当者)ですが、MRの業務の主な内容は、「自社の医薬品を適正に使用してもらうことと自社の医薬品を普及させるため、医師や薬剤師に薬の安全性や有効性などの情報を提供すること」です。

 

その他、情報の提供だけでなく副作用などの情報収集も行い、自社に持ち帰って研究開発担当者へフィードバックするなど、製薬会社と医療従事者とを連携させるという大切な役割もあります。

 

MRの業務は、担当する病院や医院によっても異なりますが、基本的には1日数件訪問して自社製品の説明をしつつ、医師や医薬品卸の担当者たちとの信頼関係を築いていくことがメインパートになります。──逆に言うと、それだけ社外の方々(利害関係者)とのコミュニケーションが多い仕事ということになります。いわゆる、「営業」的な働きかけということですね。これまで薬剤師として調剤業務をメインに働いていて、これからMRへの転職を検討される方は、ご自身の業務内容がこういった営業職的なものに大きく変わるであろうことを視野に入れておくと良いでしょう。

 

 MR勤務のメリットとしては、病院・医師との接点が多くできるという点で、人的ネットワークを構築・拡大していけることが挙げられます。例えば、将来、調剤薬局の開業を検討している人にとっては、MRの仕事でネットワークの基盤を創っていくことができるということですね。実際に、MR経験者の薬局経営者も多くいるようです

 

pharmacy-1507122_1920

 

MR(医薬情報担当者)には、どうやったらなれる?

MRの仕事は不況・好況に左右されにくく、転職市場でもコンスタントに求人ニーズが高い職種です。薬剤師での転職の場合は、これまでの経歴と、そのほかコミュニケーション力が問われます。営業経験があればなお良いでしょう。

薬剤師の製薬会社での仕事#2 【創薬】

薬剤師の方でしたら重々ご存じだとは思いますが、「創薬」とは、新薬を開発する仕事です。薬剤師にとって「花形」の仕事と捉えられている方も多いようですね。製薬会社での薬剤師勤務の職種のひとつに、この「創薬」も挙げられます。

 

「花形」というだけあって、やりがいのある反面、そこには重大な役割・責任も伴います。ご存知の通り、ひとつの薬を開発するには多くの研究や臨床試験を行う必要があり、莫大な時間とお金がかかります。新薬開発に至っては、「成功率は2~3万分の一」ともいわれるくらいですので、創薬への相当の熱意と信念がないとやれない職種です。また、創薬に携わるには薬学部で学んだ知識だけでなく、大学院での高度な知識と能力が求められます

 

これまでの学歴や職歴から創薬に関して一定の知識をすでに持っており、かつ、「短期的な結果に目を奪われずに、将来を見据えての堅実な遂行にモチベーションが持てる」という方や、「創薬への情熱は人に負けないものがある」という方は、検討してみると良いのではないでしょうか。

 

創薬(新薬の開発・研究)には、どうやったらなれる?

創薬は大学もしくは大学院卒業後、製薬メーカーに就職するケースがほとんどとなっており、転職市場では求められるのはほとんど経験者となります。未経験での転職には門戸のせまい職種ですが、大学時代の専攻によっては可能性もあります。

薬剤師の製薬会社での仕事#3 【CRC(治験コーディネーター)】

CRCは「治験コーディネーター」とも呼ばれ、医療機関における被験者のケアや服薬指導の他、医師のサポート、外部企業との調整を行うなどの仕事があります。治験コーディネーターの「治験」とは、製薬会社が新たに開発した医薬品や医療機器を商品化する前に対象の患者や健康な人にテストしてもらい、使用後のデータを収集して有効性や安全性を確認する臨床試験のことです。

前の「創薬」のところでも薬の開発の道の険しさについて触れましたが、ひとつの薬が新しく開発されるまでにかかる費用と時間は、開発費用にして約150~200億円、開発期間になると10~20年程度と言われています。治験コーディネーターは、これらの治験の開始から終了するまでの一連の進行に携わる仕事になるのです。
具体的なCRCの仕事としては、被験者のスケジュール管理、検査値などのデータ収集などが挙げられます

 

治験コーディネーターは、他の製薬会社の薬剤師勤務の職種と比較すると、相対的に門戸が広い(参入しやすい)職種とされています。患者さんと接する機会も多く、医療に携わる上でのやりがいも見出しやすいでしょう。「医療現場で働きたくても、他の職種ではなかなか厳しい」という方は、一度検討されてもよいかもしれません。

 

CRC(治験コーディネーター)には、どうやったらなれる?

治験コーディネーターになるために特別な資格は必要ありませんが、実務の中で専門性が問われるため、これまでの薬剤師業務での知識や経験、そのほか医療機関の仕組みを理解しているか、といった点が先行の際に重要視されるでしょう。

薬剤師の製薬会社での仕事#4 【CRA(臨床開発モニター)】

CRA(臨床開発モニター)もまた、創薬に関わる職種の一つです。CRAは治験から新薬申請までの諸々の手続きを進めます。創薬やCRCと違うところで言うと、治験自体に「直接携わる」というよりも、「治験が適切に行われているかを検証、確認する」ことがCRAのメインの業務になっているというところです。ですが、こういったCRAの仕事の、治験の契約、進行、モニタリング、治験の検証、確認、報告書の作成等も、治験を進めていく上でとても重要な役割です。

 

CRAを携わる際に、必ずと言っていいほど「ドラッグラグ」というキーワードが良く登場します。
ドラッグラグとは、新薬が開発されたにも関わらず、認可され治療に用いられるようになるまで非常に長く時間が掛かってしまう(ラグ)状態が起きることです。海外先進国に比べて日本では特にタイムラグが大きく、一時は完成した新薬が治療に用いられるまで欧米諸国よりも数年間遅くなる程でした。「新薬で助かる患者さんがいるのに、その新薬を使うことが許可されない」というジレンマ状態が長く続くような環境だった、ということですね。

 

日本でドラッグラグが深刻であった原因は製薬会社側というよりも、承認申請を行う国内機関の方にあると言われていますが、CRAがすみやかな治験を実現することで、新薬承認に至るまでの期間を短縮することは可能です。また、薬剤によっては、製薬会社が国内の承認機関を介さず、ドラッグラグの少ない諸外国とともに、世界同時規格で治験を推し進めるケースも多くなってきています。
つまり、国内のこうしたドラッグラグ問題の解消にCRAは大きく貢献できる立場にあるということです。責任も大きい仕事ですが、その分貢献性ややりがいも大きく感じられる仕事と言えるでしょう。

 

CRA(臨床開発モニター)には、どうやったらなれる?

未経験でCRAを募集している製薬会社は日本ではほとんどなく、まずはCROと呼ばれる製薬メーカーの治験を受託・代行する、治験専門の請負企業で経験を積み、ゆくゆくは製薬メーカーを目指すのがCRAの一般的なキャリアと言われています。

薬剤師の製薬会社での仕事#5 【臨床開発(QC,QA,DM)】

その他、薬剤師の業務として、治験における品質管理(QC)、品質保証(QA)、データマネジメント(DM)に関する業務といったものがあります。これらも新薬の開発に携われる仕事です。

QCとQAは製薬会社に限らず使われる言葉ですので、イメージも持ちやすいかもしれませんね。QCとは「品質管理」のことで、QAとは「品質保証部門」のことです。

QCは、新薬開発において治験が適切に行われているかを評価・検証するのが主な仕事です。CRAが作成した書類をチェック・検証することで逸脱や違反がないかを未然に防ぎ、医薬品の品質向上を担う仕事です。

QAは、医薬品の製造から出荷までの評価と検証、不良品が出ないようにするための仕事です。万一不良品が出た場合は、原因を探り改善するという重要な仕事も任されます

 

ではデータマネジメント(DM)は何かというと、臨床開発で行われたデータの統計や解析、データ処理を行う仕事です。SAS(統計解析)やオラクル(データベース処理)などの高い専門性や情報処理能力が求められますので、「DMの仕事をしたい」という方は、情報処理の知識を持っておいた方が良いでしょう。逆に、「この分野に興味がある」という方は、これまでの薬学の知識と組み合わせてのパフォーマンスが期待できる仕事です。

具体的な仕事内容としては、適確性判定管理や治験進捗管理サポート、症例報告書のチェックやデータ入力管理、誤記チェックなど文書や記録作成など、信頼できるデータを確保し報告書に反映させる重要な役割です。

 

QC、QAには、どうやったらなれる?

QC、QAともに未経験で転職者を募集するケースは殆どありません。少なくとも数年程度はCRAなど臨床試験の現場で経験を積んでいるなどの経歴が求められることが多いです。

製薬会社の年収は高い?職場別で比較

dollar-1443244_1920

 

ここまで製薬会社のお仕事として、MR(医薬情報担当者)、創薬、CRC(治験コーディネーター)、CRA(臨床開発モニター)、QC、QA、DMについて詳しく説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。ここで気になってくるのが、「それぞれの仕事の年収イメージは?」「未経験者も転職可能なの?」といったあたりではないでしょうか。

ざっくりとした目安とはなりますが、それぞれの職種の「転職時期の年収目安」、及び「未経験での応募が可能か」について表にまとめてみました。

 

職 種

転職後の年収目安
未経験でもなれる?
MR(医薬情報担当者) 500万~1,000万
求人も多い
創 薬 400万~900万
△ 
未経験ではまず難しい。在学中に専門の知識を取得していた場合は可能性あり(ただし狭き門)。
CRC(治験コーディネーター) 300万~600万
求人も一定ある
CRA(臨床開発モニター) 500万~700万
×
まずはCROと呼ばれる製薬メーカーの治験を受託・代行する、治験専門の請負企業で経験を積み、その後CRAを目指すのが一般的。
QC、QA 400万~1,000万
×
少なくとも数年程度はCRAなど臨床試験の現場で経験を積んでいるなどの経歴が求められる。

 

こうして一覧でみると、MR(医療情報担当者)や創薬、QC、QAは年収はとても高いですが、MRを除くと未経験からの転職は厳しいということが確認できます。反面、MR・CRC(治験コーディネーター)は未経験の求人もあるということで、「これまでは調剤業務や薬局やドラッグストアでの接客がメインだったけれど、製薬会社での勤務にチャレンジしたい」という方にはうってつけの職種と言えそうです。

 

また、CRAやQC、QAに関してもキャリアを積むことによって転職は可能です。重要なのは、1回の転職だけでなく、その後のキャリアアップやマイルストーンをどう描くか、ということでしょう。「新薬の開発に携わり、その分野において社会貢献性の高い仕事に就きたい」という方は、将来目指す職種をイメージして、その為のアクションを心掛けることが大切と思われます。

 

薬剤師が製薬会社で働くメリット、デメリットは?

製薬会社での働き方は、会社勤務ということもあり調剤薬局やドラッグストアの働き方とは大きく変わります。細かい部分においては前述した職種によって変わってきますが、ここでは大きく、薬局・ドラッグストア勤務と比較した製薬会社で働くメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

薬剤師が製薬会社で働くメリットは──

accessories-84528_1920

 

薬剤師の方が製薬会社に転職した際に得られるメリットとしては、主に以下があります。

 

1)これまで培った薬に関する知識と、現場で習得したキャリアを存分に活かすことができる
2)研究職につくなど、将来へのキャリアアップの可能性が多いにある
3)比較的に年収が高い
4)土日祝日が休みの職場が多く、プライベートの時間を家族や友人と合わせやすい
5)仕事内容について、社会貢献性を強く感じられる

ここで特に意識したいのは、2)ではないでしょうか。調剤業務以外でのキャリアアップや将来ビジョンをお持ちの薬剤師の方の場合、薬剤師のこれまでの経験も活かしつつ新しいフィールドにチャレンジできるというのは、大きなメリットです。

 

また、「ワークライフバランスを大切にしたい」という方には、4)の「土日祝日が休み」というところも魅力に感じるポイントだと思いますが、勤務先の企業や職種によっては、忙しく残業が多いというところもあります。転職前にしっかり企業や職種の情報をリサーチしておくことが望ましいでしょう。

 

また、製薬会社に勤務されている薬剤師の方では、5)の「社会貢献性」を意識されている方もとても多いです。このあたりに共感できる、自分もそんな仕事をしたい、という方は検討を進めてみると良いかもしれませんね。

薬剤師が製薬会社で働くデメリットは──

imaric20160805310323_tp_v

 

では続いて、薬剤師の方が製薬会社に転職した際に得られるデメリットも挙げてみましょう。

 

1) (企業や職種によっては、)残業が比較的多い
2) 成果に直結する給与体系である場合が多い
3) 新しい知識を学ぶことが多く要求される。調剤の経験を更に積む機会がない。

これまでの製薬会社における各職種の説明をご覧になられていれば、想像に難しくないところではあるかもしれませんが、大きくは上記1)~3)のデメリットが挙げられます。

 

特に、2)と3)については、年収の高さから安易に転職してしまい、後で「自身の適性や関心の方向性で大きなギャップがあった…」となると、大きな苦労を背負うことになりそうです。

 

繰り返しになりますが、薬剤師の方が新しく製薬会社に転職される際は、その際の転職のことだけでなく、「これから先、自分は薬剤師としてどう働いていきたいのか」ということをしっかりと考えて、判断していくことがとても大事です。

 

製薬会社の求人に強い転職サイトは?

ここからは、実際に薬剤師の方が製薬会社に転職される際に、強力なサポートやバックアップが期待できる転職サイトを紹介していきたいと思います。──今回紹介する転職サイトは、「薬キャリ」と「マイナビ薬剤師」の2つです。

 

製薬会社の求人に強い転職サイト#1 「薬キャリ」

お薦めの転職サイトでまずご紹介したいのが、エムスリー株式会社の提供する「薬キャリ」です。「薬剤師の8割以上が転職時に登録される」転職サービスとして、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

薬キャリ

 

サービス名

薬キャリ
公式HP

薬剤師の求人・転職・募集| 薬キャリ by m3.com

企業名 エムスリー株式会社 (M3, Inc.)

 

「薬キャリ」の特徴としては、製薬会社の求人も安定して多いところ、更にはキャリアアドバイザーとして付く担当者の方のサポート品質が高いということが挙げられます。

 

未経験から製薬会社勤務への転職を考えている薬剤師の方からすると、仕事内容や求められるスキル、職場の雰囲気や評価の仕組みなど、知らないことが多く不安な気持ちも大きくなることでしょう。そして、不安な気持ちが大きいままでは、転職はうまく行かないものです。

 

不安を解消し、自身のキャリアプランに自信をもって転職に臨む際に、「薬キャリ」のキャリアアドバイザーの存在はとても大きな助けになるでしょう。

 

また、薬キャリの非公開求人の中には大手製薬会社の求人も取り扱っていますので、是非登録しておきたい転職サイトです。

 

製薬会社の求人に強い転職サイト#2 「マイナビ」「マイナビ薬剤師」

続いて紹介する、「製薬会社の求人に強い転職サイト」は、リクルートグループの株式会社マイナビが運営する、「マイナビ」・「マイナビ薬剤師」です。

 

マイナビ

 

サービス名

マイナビ マイナビ薬剤師
公式HP

マイナビ薬剤師

企業名 株式会社 マイナビ

 

マイナビもまた「薬キャリ」同様にキャリアアドバイザーの品質が高いことで有名です。更にマイナビの強みとしては、人材紹介サービスとしては国内最高級のネットワークが挙げられます。

 

国内の人材紹介サービスでは、「地方の場合キャリアアドバイザーのサポートが電話のみ」というところが多いのですが、マイナビは違います。全国に51もの支店があり(北海道 ・東北7支店、関東18支店、中部11支店、関西6支店、中国・四国4支店、九州5支店)、地方在住の薬剤師の方々も直接キャリアアドバイザーの方と相談しながら転職活動を進めていくことが可能です。

 

これまでマイナビ、マイナビ薬剤師を利用された方からもキャリアアドバイザーの評判がとても高く、安心してサポートを受けられることでしょう。

 

さらに、マイナビ薬剤師の非公開求人情報は、「薬キャリ」と異なります。製薬会社の求人情報を比較したり、選択肢を増やしたい方は、マイナビ薬剤師も併せて登録することをおすすめします。

 

まとめ

今回は、「薬剤師が製薬会社に転職するケース」にフォーカスを当て、薬剤師が製薬会社で働く際の職種、そしてそれぞれの特徴やメリット、デメリットをお伝えいたしましたがいかがでしたでしょうか。

 

薬剤師は様々な働き方と、そして多様なキャリアプランが存在します。調剤薬局勤務から創薬や治験への関わりといった研究職、更には地域の医療・介護支援に伴うコミュニティの活性化や組織経営なども含まれてくるでしょう。それらの多様性は、職業として薬剤師を選ばれた方々にとっての、ひとつの大きなメリットであると言えます。

 

皆さんは、今後薬剤師としてどのようなキャリアプランを描かれますでしょうか。そして、今回の記事が、皆さんの「薬剤師としての今後」を検討する際の一助となることを、心より願っております。

 

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア