薬剤師転職deリスタート

薬剤師の地方の求人は高年収って本当?都会ではあり得ない好待遇を解説!

Pocket

 

「薬剤師の地方転職って年収等の条件がありえないくらい凄い!」

 

という事を転職活動中の方は一度くらい聞いたことあるのではないでしょうか?

 

 

実際、地方、特に過疎地域や、薬学部がない都道府県ほど高い年収条件が提示されたり、住宅手当、社宅などの諸手当が充実しているのは事実なのです。

 

 

よって、採用する為には良い条件を提示しないと薬剤師が集まらないという事は当然ですからね。

 

 

今回は、そんな薬剤師の地方転職の現状におけるメリットとデメリットについて、私自身が趣味を楽しむ為と高給を求めて地方転職を実際に何度か行った実体験と現在の状況を踏まえて紹介します。

地域における薬剤師転職状況の違い

東京・大阪・名古屋などの大都市圏

東京・大阪・名古屋などの大都市圏では、薬局やドラッグストアの数が多く求人数も非常に多い事から複数の条件を比較する事が可能となります。

 

 

よく大都市圏の薬剤師人数は充足されているとの話がありますが、実際、調剤薬局やドラッグストアでは大手企業を中心に新規出店ラッシュは続いており人材不足の状況である事はまぎれもない事実となっています。

 

 

よって都心部だから転職しにくいという事は、調剤薬局・ドラッグストアにおいては現状ではほぼ見られない状況です。ただし、徐々に不足が改善されている地域、企業もあり今後は採用状況も厳しくなってくる事が予想されています。

 

 

これまでは調剤薬局では面接を受ければどんな薬剤師であってもほぼ確実に採用となっていたのが、人物像によっては不採用になる事も出てきています。

 

 

また給与等の条件については大都市圏だからいいだろうと思っている薬剤師が多いのですが、地方と比較すると劣る事が多く、年収にして100万円単位で地方と大都市圏では差がつく事がおきています。

 

 

平成27年度の薬剤師年収平均は、東京都522万円、大阪府495万円となっており、全国1位の福岡県では658万円2位の秋田県でも651万円と大きな差が出ています。

 

 

平均年収の差は非常に大きく大都市圏に属する大阪府と福岡県では163万円もの差が出ており、またこれを月収に換算すると13万円以上もの差となっているのです。

大都市圏以外の地方

大都市圏以外の地方においても転職条件を選ぶ事は十分に可能となる程度の求人件数はあります。ただし大都市圏と比較すると地方の方が薬局の絶対数が少なくなるので特定の地域内で探す場合は条件の比較は難しくなる事があります。

 

 

しかしながら複数の転職サイトに登録する事でそれもカバーする事が可能です。各転職サイトは独自の表に出てこない求人情報がある場合があり、登録する事で見られるようになるのです。少しでも良い多くから選択する為には複数の転職サイトに登録した方がベターとなります。

 

 

薬剤師として地方で働く場合の大きな特徴として給与が非常良いという点があります。もちろん過去の経歴、管理薬剤師や薬局長などの経験の有無等によって給与額は異なりますが一般薬剤師であったとしても800万円超といった、都心部ではまずみられない求人もあるのです。

 

 

薬剤師の平均年収で全国トップなのが福岡県で年収658万円となります。これは月収に換算すると約65万円となります。あなたが今もらっている給与と比較してどうでしょうか?こういった同じ薬剤師として働いていても高額な給料をもらえるのです。

 

 

ただし福岡県では年収600万円以上の求人が多数みられますが、上限額は700万円程度となります。平均年収は全国トップとなり非常に高いのですが、1000万円といった飛びぬけた年収は求人としてほぼ出てきていないのが現状となります。

 

 

しかし、同じ九州である鹿児島県だと平均年収は全国35位で491万円と低いものの、鹿児島県の桜島近くにある鹿屋市にある調剤薬局では年間休日120日以上で年収800万円という求人があり、南九州市ではなんと年間休日が168日(年間半分近くが公休日という驚き)で年収800万円可能という求人が実際にあるのです。また非公開求人でありましたが鹿児島県内で年収1000万円(管理薬剤師)の求人もあります。

 

 

これは需要と供給のバランスを考えて頂くとわかるかと思いますが、地方になればなるほど薬剤師の絶対数が少なくなるからなのです。特に薬学部がない県の地方においては、不足状況が深刻になっている事が多く、上記の年収例であげた鹿児島県は薬学部がない県であり薬剤師不足からこのような高年収での募集が出ている地域があるのです。

 


薬剤師が規定人数いない場合、薬局の運営自体が出来なくなりますので給与条件等を良くして就職してもらう他はないからなのです。

地方に転職するなら大手調剤薬局チェーンがいい?

転職する目的によっても異なりますが、いい良い給与条件を求めて地方転職をするという事であれば大手調剤薬局チェーンは避けた方がいいです。

 

 

これは大手調剤薬局チェーンであれば地方手当が数万円付く場合もありますが、基本的な給与等の条件はその手当以外はかわりありません。つまり地方に転職する目的が給与等の条件であれば大手を選ぶメリットはほとんどないのです。

 

 

薬剤師が良い給与条件で地方に転職をする為には、地場の数店舗チェーンもしくは1店舗のみの調剤薬局が狙い目となります。但し店舗数が少なければ少ないほど薬剤師人数などの状況を確認する事が必要となります。

 

 

個人店や数店舗程度の薬局には、個別指導に入られる事がほぼない為、実際の運営がグレーやブラックになっている場合もあるようです。一昔前には事務に投薬をさせていたという薬局もニュースになったりしていました。しっかりと事前に転職先候補のチェックを行う必要があります。

 

 

この点に関しては個人で転職活動をして確認するには限界がありますので転職サイトを利用し効率的に情報を得る事をおすすめします。

地方勤務薬剤師のメリット

高年収・家賃補助等の充実

地方勤務で調剤薬局に薬剤師として勤務する大きなメリットはやはり高額な給与、家賃補助等になります。但し地方といっても地方都市レベルではそれほど条件が良くなる事は見られなく、過疎地域などの交通の弁が不便な所ほど条件は良くなります。

 

 

年収であれば一般薬剤師であっても800万円を超える求人が先に記載したように地域によっては多数ありますし、管理薬剤師であれば1000万円もの給与が提示される事もごく稀にあります。さらに借り上げの住宅補助、場所によっては自動車が貸与される薬局もあるぐらいです。

患者さんとの関わり合いが充実

私の僻地にある調剤薬局勤務経験では、非常にこの点が魅力でした。コミュニケーションを患者さんととる事が好きだったので、都会の薬局にありがちな多くの薬局の薬剤師の中の1人といった対応ではなく○○さんといった薬剤師個人に対して患者さんがつきやすいのです。

 

 

時には畑で採れた野菜のおすそ分けを頂く事もあったり、旅行のお土産を頂くといった事がありました。また投薬の時にこちらが話をしても何も返答しない、頷くのみ、機嫌が悪いのかわかりませんがイライラしているのがわかるかと患者さんといった方がほとんどいませんでした。

 

 

薬剤師として働くにあたり、こういった面でも非常にストレスなく逆に楽しく働く事が出来るのは大きな魅力となるかと思います。

物価が安く生活費が安い

生活する為に必要な食料品などの値段が安く非常に助かりました。野菜などは都心部では考えらえないほど安価で販売されていて、大根1本50円など考えられないほどでした。

 

 

また独身の男性薬剤師では夜に遊びに行く事もあるかと思いますが、そういったお店が少ないという事も生活費が安くなる事につながります。

 

 

生活費が安くすむという事は手元に残るお金が増えるという事につながりますので、お金を貯めるという目的なら給与も良くてさらに生活費が抑えられるので、より一層お金がたまりやすくなりますね。

地方勤務薬剤師のデメリット

利便性が悪い

地方勤務の大きなデメリットの一つがこの利便性の悪さとなります。大都市圏では基本移動は電車になるかと思いますが、電車はないのが基本です。移動は全て自動車となりますので自動車運転免許を持っている必要が出てきます。

 

 

スーパー、ホームセンターなどで買い物をするにも近くにない事が多く、自動車でもかなりの時間がかかる場合もあります。例えば近くのスーパーまで車で20分かかる場合も普通なのが地方です。

 

 

私が過去に勤務していた秋田県のとある地域ではスーパーまで車で20分もかかりました。残念ながらホームセンターは近くにあったのですがスーパーが非常に遠かったのです。よって必然的に買い物に行く時は冷蔵庫に入るだけ沢山買いだめをしていました。

 

 

勤務する地域、場所によってこれは大きく異なりますが、生活に関わる部分となりますので事前の確認は必須となります。

慣れない生活によるストレス

地方への転職では、その地域に知人等はいない人がほとんどだと思いますので慣れない生活で疲れきってしまう方もいます。

 

 

何か転職先で問題が発生しても、直接あって話をきいてくれる友人もいない、一度ならなんとかなっても何度か悩まされる事があると、なぜ自分はここにいるのだろうと転職してから寂しくなってしまう方もいます。

 

 

大都市圏との生活とは大きく何もかもが異なるので大都市圏に慣れてしまった方で、人付き合いが苦手だと、田舎の近隣の方との独特な人付き合いに煩わしさを感じる場合もあります。レオパレスなどのアパートであればそんな事もほとんどないのですが個人が賃貸しているアパートなどでは大家さんとの付き合いがあったりもします。

研修・教育制度の不備

先に話をしたように地方に転職をするのであれば必然的に狙うのは大手チェーン以外の調剤薬局になります。しかしながら個人経営の薬局、数店舗程度の薬局では研修・教育制度が整っていないどころか全くないという場合も普通にみられます。

 

 

個人薬局であっても充実した薬剤師としての将来のビジョンが描ける研修を行っている、実務を行っているところもありますが、あまり多くないのが現実です。

 

 

研修・教育制度は自分には必要ないという方であれば、この点に関しては全く関係ないのですが重視するようであればこれは企業により本当に全く異なりますのでしっかりと確認するしか方法がありません。

地方転職なら薬剤師専門転職サイトを利用しよう

地方に転職したいのであれば、いくつかの転職サイトに登録して、年収、各種手当などの条件でまずは転職先を絞ってみるといいでしょう。

 

 

その後、絞られた中から担当者と相談しながら近隣地域情報を確認し、最寄駅はどの程度の距離なのか、生活するに必須のスーパーは車で何分なのかなどを確認するといいかと思います。

 

 

またどの転職サイトに登録するかも非常な重要なポイントとなりますので、地方転職をする為におすすめの転職サイトを2つ紹介します。

薬キャリ

8ed863199ae735b4a5149cf4a42e82a31

 

薬キャリ は一部上場企業であるエムスリーグループが運営する薬剤師転職サイトとなります。医師転職、看護師転職でも有名であり、医療関係の転職では知名度ナンバーワンの転職サイトとなります。

 

 

薬キャリでは、登録後のやりとりは基本的にメールや電話での対応となりますので、働きながら地方転職を考えている薬剤師にとって働きながら転職活動をスムーズに進める事が出来る点で好条件ととらえる事が出来ます。

 

 

電話やメールでの対応だからと言って実際に会って面談するのと変わらないぐらいにしっかりとヒアリングをしてくれ、履歴書の添削や面接対策指導も行ってくれるほどです。

 

 

医療系に強い事から薬剤師求人数も非常に多く、他で取扱いがない求人情報が多数あるのも薬キャリの大きな特徴となる事から、地方転職を考えている方には必ず登録してもらいたい転職サイトの1つとなります。

 

薬キャリに登録して地方の求人情報をチェック!

マイナビ薬剤師

mynavi

 

 

地方転職をする時はマイナビのキャリアアドバイザー制度が非常に有利となります。マイナビの大きな特徴として、キャリアアドバイザーが実際に薬剤師と直接会って面談をする事でしっかりと薬剤師側の希望等の条件を確認してくれる事があげられます。

 

 

特に地方転職においては見知らぬ土地で一から生活を行う事にもなるので、しっかりと事前に様々な情報を確認して納得した上で転職を決める事が非常に重要になります。

 

 

転職してから、こんなはずじゃなかったとなるのは紹介する側、紹介される側にとっていい事はありません。そのような事が起こらないよう薬剤師専門キャリアアドバイザーが存在しているのです。

 

 

またマイナビでは全国13か所に支店がある事で、都内近郊在住の薬剤師に対しては実際に合って相談に乗る事が可能だけれども、地方都市に在住している場合は電話・メールでの対応になるという事が非常に少ない事も特徴となります。

 

 

 よって地方転職を考えている場合はまず マイナビ薬剤師 に登録すべきです!

 

地方転職を少しでもしたいと思った薬剤師の方へ

地方への転職の大きなメリットとしては高額な給与、充実した住宅手当・借り上げ社宅などの部分だと思います。

 

 

私の場合は趣味がスキーであり心から大好きでインストラクターの資格を取りたいという想いがあり数年間スキー場近くの調剤薬局に勤めていた経験があります。

 

 

転職先は秋田県の田舎であって色々と不便な生活ではありましたが、給与が高く社宅もあり条件が非常に良かった上に、しっかりと18時には業務は終了して自宅に帰れましたので、余裕がある時はその足で雪山にナイタースキーに行っていました。

 

 

休日は山に1日こもって滑ってばかりいる本当に充実した楽しい時間を過ごす事が出来ました。独身であったからこそ出来た事であり今考えると地方転職という行動にうつして良かったと思っています。家族が出来てからではなかなか出来る事ではありませんからね。

 

 

今では目標であったスキーインストラクター資格取得目標を達成し、結婚がきっかけで大都市圏と呼ばれる場所にある調剤薬局にて働いています。

 

 

もしそんな趣味を楽しむ生活がしたい、とにかく高い給料が欲しいなどと思っている方がいたら、今しか出来ない事はたくさんありますので地方転職という道に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア