薬剤師転職deリスタート

40代・50代の薬剤師でも転職は可能?常勤で働けるおすすめの職場は?

Pocket

40代、50代薬剤師の転職って20代、30代薬剤師と比較すると、どうしてもその年齢故に難しいから転職なんて無理だと思っていませんか?

 

今の職場で働き続ける事は体力的にも精神的にもツライと思っていても我慢し続けている薬剤師も多いです。

 

特に中小チェーン薬局の管理薬剤師、ドラッグストア薬剤師や病院薬剤師として働いている薬剤師などからそのような声を聞く事が多くなっています。

 

しかし、40代・50代でも転職は十分に可能なのです。そんな40代・50代のあなたに今からでも遅くない転職を成功させる為のポイントについてじっくりと詳しく紹介していきます。

40代・50代の薬剤師の転職理由は?

40代・50代の薬剤師の転職理由としては、薬剤師業界特有の状況として年配女性薬剤師の影響力の強さによる職場環境が良くないという事なども多く、また下記のように人それぞれ多くの理由があります。

 

・ベテラン女性薬剤師の影響力が大きく働きにくい

・ドラッグストア勤務の品出し等が体力的に辛い

・病院勤務で当直が体に辛い、薬剤部長にもなれず役職がつかない

・年々会社内で求められる薬歴レベルが上がりついていけない

・務めていた会社が倒産した。買収され給与条件が大幅に下がった。

・親の介護の為、勤務時間を減らして勤務したい

 

体力的につらい状況で無理をして腰痛が悪化してしまい立ち仕事が難しくなってしまったり、まじめな薬剤師にありがちなのですが、精神的に追い詰められうつ病を発症してしまったという事もよく聞きます。

 

薬剤師それぞれ多くの転職理由がありますが、転職を成功させる為には転職して環境を変えたいという気持ちが重要になります。

 

その状況から飛び出して新しい職場で働いていく事は大変な事であり、薬剤師だからといって楽なものでは決してありませんが、強い気持ちがあれば40代・50代であっても転職は成功すると思っていいでしょう。

40代・50代の薬剤師の転職事情

40代・50代薬剤師の転職事情は厳しいながらも決して不可能ではありません。実際に40代・50代で転職に成功しキャリアアップしている薬剤師も多く見られます。

40代薬剤師の転職事情

40代では50代より転職しやすい状況となっており、これまでの経験が活かせる転職先であればほぼ問題なく転職成功への道は開かれています。

 

特に40代前半までの転職ではあれば、例えば転職を繰り返していてどの職場も1年未満で退職しているなどの特殊な場合でなければ問題なく転職出来る事が多くなります。

 

また今後のキャリアアップ、年収アップを考えて転職先を選ぶ事も40代前半ではまだまだ可能な状況となっています。

50代薬剤師の転職事情

さすがに50代での転職となると40代と比較して厳しさは増すものの無理という訳ではありません。やはりこれまで生かしてきた経験、例えば病院から調剤薬局への転職は十分に可能となります。

 

しかし、企業や病院への転職はこれまで経験があったとしてもかなり難しい状況ですので、50代で転職という事であれば調剤薬局やドラッグストアが主な転職先になります。

 

過去に女性社員に対してセクハラをして退職となって薬剤師、レジから5000円を横領して退職となった薬剤師等を知っていますが、このような特殊な事情の場合は転職が難しくなる事があります。

 

薬剤師業界は広いようでかなり狭く、ちょっと知り合いの知り合いに友人がいたりする事がよくあり、そのような噂はあっという間に広がってしまう事もかなり見てきました。当たり前の事ですがそのような事はないように働きましょう!

40代・50代の薬剤師の平均年収は?

40代・50代薬剤師の平均年収は一体どのぐらいなのでしょうか。

 

これはMRをはじめとする製薬会社、病院、ドラッグストア、調剤薬局など職種によって大きく異なります。

 

平均年収として最も平均年収が高いのが製薬会社となりますが、転職先として40代・50代がこれから就職する事はかなり難しいのですが参考までに平均年収をあげておきます。

製薬会社の40代・50代薬剤師の平均年収

製薬会社の40代・50代の平均年収については高い事は高いのですが、それは大手製薬企業のMR職や研究開発となり、中小企業ではそれほど高くないのが現状となります。

 

よって平均年収はあまり参考にならないかと思いますが、参考までに大手製薬企業での平均年収を紹介します。

 

第一三共株式会社:平均年収は約1100万円

アステラス製薬:平均年収は約1159万円

エーザイ:平均年収は約1040万円

病院・クリニックの40代・50代薬剤師の平均年収

病院クリニックでの40代・50代での平均年収は役職がどの程度かによって異なりますが500万円から600万円ほどのケースが多くなっています。

ドラッグストアの40代・50代薬剤師の平均年収

ドラッグストアの40代・50代薬剤師の平均年収は600万円から700万円のケースが多くなりますが、これは店長職についているケースとなります。

 

店長手当としては売上規模等によって手当額が異なる場合が多く5~10万円の間である事が一般的となっています。

 

よって店長などの役職についていないケースでは600万円に届かない場合も多くありますので注意が必要です。

調剤薬局の40代・50代薬剤師の平均年収

調剤薬局の40代・50代薬剤師の平均年収は700万円前後のケースが多くなります。

 

薬局長などの管理薬剤師手当込の金額となっており、勤務薬剤師であれば100万円ほど平均年収が下がる場合が多くなっています。

 

薬局長手当として5~10万円前後の幅がある事が多く、さらにその上の職位であるエリアマネージャーとなると700~800万円程度の年収となる事が多くなります。

 

薬剤師の転職市場は少し特殊な面もあり転職を続けるにしたがって年収が上がる傾向にあります。これは前職の給料によって転職先の給料が決まる事によるものです。

 

この事をうまく利用して30代までは転職を一定期間で繰り替えして年収を上げるという考えの薬剤師も一定数存在しています。

 

40代・50代の転職で製薬会社以外での勤務経験があるのであれば、管理薬剤師経験がある場合が多いと思われますので、これまでの経験をアピールして40代であれば前職以上の年収を、50代であっても前職と同等の年収を目標にして転職活動をしてみる事をおすすめします。

40代・50代の薬剤師が転職して常勤で働ける職場はある?

40代・50代の薬剤師が転職し常勤で働く事が出来る職場は、前職で経験のある場合でないと難しくなります。特に製薬会社への就職は無理と思ってもいいぐらい難しくなります。

 

しかし、調剤薬局、ドラッグストアへの転職の場合では未経験でも転職可能なケースはほぼ確実に見つかると思って大丈夫です。特に40代の転職であればまず問題ありません。

 

これは現在の慢性的な薬剤師不足の状況では薬剤師はたとえ50代後半であっても欲しい人材なのです。もちろん基本的なコミュニケーションスキルなどは必須の条件となります。

 

よって40代・50代の転職では調剤薬局やドラッグストアへの転職が基本となります。

 

40代・50代薬剤師って実は店舗においても非常にありがたい存在でもあるのです。

 

今現在は販売されていない医薬品の知識、知識に偏ってその知識を生かせない若手薬剤師への教育面などなど経験を積んでいるからこそ可能な事が薬剤師だからこそあるのです。そんなあなたを現場のスタッフは待っています。

40代・50代の薬剤師が転職を成功させるための条件とは?

40代・50代の薬剤師が転職を成功させる為に重要な事は、これまでの経験をいかにうまくアピール出来るかによります。

 

特に薬局長、管理薬剤師の経験があれば実際に管理者としてどのようにこれまで業務を行っていたかと積極的にアピールする必要があります。

 

効果的に自分の強みを面接時にアピール出来るように準備が非常に大切になります。よって面接準備対策を確実に行う事が面接の合否を決め手になる事も多いのです。

 

40代・50代で転職をする場合、その転職先は定年まで働ける条件なのか、という事は必ず頭に入れて転職活動を行う必要があります。

 

例えば人間関係で今の調剤薬局を退職するのであれば、店舗間での人事異動がしやすい大手調剤薬局を選ぶなどの工夫が必要です。

 

また薬局長や管理薬剤師経験があれば自身の経験を大きくアピールする事で良い条件での転職につなげる事が出来るので、面接などの対策を行っておく必要もありますね。

40代・50代の求人情報が豊富なおすすめの転職サイトは?

40代・50代の薬剤師が転職面接の際に見られる事は、即戦力として自社にどれだけマッチして貢献してくれる見込みがあるかどうかとなります。

 

つまり企業にとって必要である人材である事をしっかりと自己アピール出来る事が転職成功に必要な事となります。

 

転職サイトには、実は転職先をあっせんしてくれるだけではなく、様々な面接対策を行い転職を成功させる為の強力なサポートをしてくれるサービスがあるってご存知でしたか?

 

そんなサポートが優れ、かつ求人情報が豊富な転職サイトを紹介します。

薬キャリ

8ed863199ae735b4a5149cf4a42e82a31

 

薬キャリ では薬剤師本人の希望に応じて履歴書や職務経歴書の添削、面接対策アドバイスまで行っています。これまでの経験を転職先候補に響くように履歴書を記入するアドバイスをもらえるという事ほど心強い事はないと思います。

 

また電話やメールでのサポートを基本としている事から、現在勤務中である、家族と過ごす時間を削りたくないなどの理由で転職活動になかなか時間が取れない方にとっても非常に利用しやすい事で評判の転職サイトが薬キャリなのです。

 

さらにこの薬キャリは医療系転職サイト大手であり医師、看護師などの転職サイトを運営しているエムスリーキャリアが運営しています。非常に知名度が高く、薬剤師転職においても求人数が多く公開求人で常時5万件前後の募集があります。

 

40代・50代で転職したいと思っている方にまず登録すべき転職サイトとなります。

 

薬キャリに無料登録して求人情報をチェック!

ファーマキャリア

79f8cbff4f9b3173d5c102fc9c808377

 

ファーマキャリアの大きな特徴がオーダーメード求人となります。このオーダーメード求人が40代・50代の方の転職にとって大きな味方となるのです。

 

一般的に転職サイトでは数ある求人の中から薬剤師本人が選択をして、その求人に対して応募する流れとなっていますが、ファーマキャリアではまず転職希望薬剤師の希望条件等を細かに確認し、その条件にあった転職先候補をリストアップしてくれるのです。

 

あなたの条件にあった転職先を少数精鋭、経験豊富なキャリアコンサルタントによる詳細なヒアリングの元に紹介してくれる、まさにオーダーメード求人ですね。

 

また履歴書の記入方法、自己アピールなどについても薬キャリ同様のサポートがあり、40代・50代薬剤師が転職を成功させる為には必須の転職サイトともいえますね。

 

ファーマキャリアに無料登録してコンサルタントに相談する

40代・50代薬剤師が転職を成功させる為には

40代・50代の薬剤師が転職を成功させる為に必要な事は、これまでの経歴をしっかりと自己アピール出来るようになる事が重要です。

 

40代・50代薬剤師に企業が求めている事は即戦力です。これまでの経歴がどれだけ転職先企業に対して力になれるのか、というアピールがどれだけ出来るかにかかっています。

 

また転職先とあなたの経験・能力がマッチしている事が非常に重要であり、その力となってくれるのが上記で紹介しました転職サイトなのです。

 

一般的に難しくなる40代・50代の転職ではありますが、良い条件での転職を勝ち取る為には戦略的に行動をしていかなければなりません。

 

自身の力だけでなく強力なバックアップを味方にして転職を成功させて新しい道を歩き出しましょう。

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア