薬剤師転職deリスタート

管理薬剤師は転職に有利って本当?人事担当の現役薬剤師に理由を聞いてみた

Pocket

 

管理薬剤師をしている方の中に、

 

「仕事量が多すぎて肉体的にも精神的にも疲れている。」

「業務に追われ、ただ毎日が過ぎていってしまうだけ」

「もう少し楽な職場ないのかな~」

 

そんな風に思っている方いらっしゃいませんか?

 

転職は大変だし、自分には特別な能力なんて持っていない、などと思って現状を受け入れて毎日を過ごしているかもしれません。

 

しかし、管理薬剤師経験があるだけで転職市場では大歓迎なんです。

 

折角能力があるのにそんな方を私はこれまでたくさん見てきました。

 

管理薬剤師経験があるあなたに向けて、自身が持つ能力を把握、そして自覚して頂き、条件アップで転職が出来るという事を人事担当で現役薬剤師である私がお話しします。

管理薬剤師に多い転職理由は?

管理薬剤師の転職理由は多岐にわたります。

 

管理薬剤師ならではの管理する立場において店舗の中での人間関係に関する事が最も多く、次いで年収による理由が多くなっています。そんな管理薬剤師に多い転職理由について紹介します。

人間関係の悪化

最も多い転職理由が人間関係の悪化です。ストレスで精神的に参ってしまう方が非常に多いのが特徴です。

 

元々薬剤師は真面目な性格の方が多いせいか、悩みだすと精神的に参ってしまうぐらいまで考えこんでしまう方が多いように感じます。

 

管理薬剤師なのにお局が仕切っている

管理薬剤師は店舗の管理を任されているにもかかわらず昔からのお局様がいて、いい所はすべてとられてしまって、クレーム処理などの都合の悪い所だけを管理薬剤師に押し付けてきてやっていられないという理由で転職活動をされていた方がいらっしゃいました。

 

薬剤師不足で空気がピリピリし人間関係まで悪化

薬剤師不足は本当に全ての面で悪影響を与えます。

 

忙しくなる事で余裕がなくなり、人に対して心を持って対応する事が出来なくなってしまった。結果としてトラブルが発生して人間関係の悪化につながる事例をたくさんみてきました。

 

客層が悪くてクレーム対応が多い

これはこれまでに1人だけいらっしゃったのですが、非常に患者層が悪くて何に対してもクレームが発生する頻度が高く、そんな毎日に疲れてしまったという管理薬剤師の方がいらっしゃいました。

 

私も以前は現場で働いていて患者層がいい店舗って実際にあるという事を感じます。悪いと本当に働きづらいのはよくわかります。

 

管理薬剤師であれば自分自身には関係のない事であっても、店舗内の揉め事であれば自身でなんとかしなければならなく、その事で病んでしまう事があります。


あなたもそうなったりしていませんか?

年収、待遇面での不満

年収、つまり給料をもっともらいたいというのも転職理由の一つです。一般的に薬剤師は給料が高いのですが、会社によっては管理薬剤師であってもそれほど高くないケースもあります。

 

管理薬剤師で1日通し勤務で働いているにも関わらず年収で500万円にも満たない方の面談を先日実施しました。

 

町の数店舗を経営する調剤薬局の管理薬剤師であったのですが、これまで頑張ってきたけど残業、昇給がなく子供の学費等の関係で転職を決断したとの事でした。

管理薬剤師が転職するメリットは?

管理薬剤師が転職する一番のメリットは、他の一般薬剤師が転職するより良い条件で就職する事が可能な事になります。

 

皆さんが考える以上に管理薬剤師経験は採用する側からすると、他の諸条件でたとえ劣っていたとしても採用したい人材なのです。

年収アップで転職可能

薬剤師の転職は、同じ業界内での転職であれば、前職よりも年収が高くなることがほとんどです。

 

これが管理薬剤師であれば採用する側も即戦力の期待が大きく、さらなる年収アップ交渉も受け入れてくれる可能性が高くなります。

 

事実、私が採用面接を行った方で非常に経験豊富で優秀な方は、これまでの経験を見込んで最終的に前職と比較して100万円もの年収アップとなった方がいらっしゃいます。

 

また転職先によっては管理薬剤師は管理職になり残業がつかない所、管理職であっても残業代がつく所などがありますので転職活動時には確認を忘れずに行う必要があります。

管理薬剤師が転職しやすい職場は?

管理薬剤師が転職しやすい職場は、同じ業種内での転職が一番条件が良くなる可能性が高いです。

 

これまで調剤薬局につとめていた方であれば調剤薬局が一番転職しやすいですし、企業内の管理薬剤師として働いていたのであれば企業の管理薬剤師が一番転職しやすくなります。

 

なぜなら、すでに経験している業務内容なので、例え会社が変わったとしても即戦力として期待が寄せられるからです。

 

管理薬剤師として勤務可能な転職先として、主に調剤薬局の管理薬剤師、そして医薬品卸・製薬会社の管理薬剤師があります。

 

給与等のお金の条件で選ぶなら調剤薬局、労働条件で選ぶのであれば製薬会社・医薬品卸の選択が一般的になります。

管理薬剤師は本当に転職に有利?

管理薬剤師は転職に有利なのか?これについては有利としか言いようがありません。薬剤師として勤務するに当たり経験がやはりものをいう状況です。その点について採用側は非常に管理薬剤師経験者をかっています。

即戦力としての採用

管理薬剤師経験者としての最大のメリットはやはり即戦力という事になります。

 

店舗の管理者としての経験があるということは、つまり様々な管理業務を行っている経験を持っているという事となりますので採用担当者の目から見て非常に魅力的です。

薬学スキルが高い

管理薬剤師になる為には、調剤薬局であれば一般的には3年程度の実務経験が必要です。

 

通常はそれ以上の経験を積んでからなりますので、一般薬剤師よりも薬学スキルが高くなります。ごくまれに薬剤師としてすら能力が低いと思われる方がいらっしゃらない訳ではありませんが基本的にスキルが高い方が多い印象です。

 

管理薬剤師は誰もがなれる訳ではなく、下記の管理に関する責任者という事であり、そのためのスキルを持っていなければならない為、一定以上のスキルを持っている薬剤師という事が証明されているようなものです。

 

 

薬局勤務の管理薬剤師業務

・薬局シフト管理(

・医薬品管理(デッドストック、経過措置品、

・患者対応(クレーム、過誤等)

・教育(社員・パート教育、安全管理講習等)
*ほとんどの調剤薬局において管理薬剤師は薬局長職との兼任となっています。

 

製薬会社・医薬品卸勤務の管理薬剤師業務

・麻薬・向精神薬をはじめとする医薬品管理業務

・病院や薬局からの医薬品問い合わせ対応・医薬品情報管理

転職がさらに有利になる管理薬剤師の経験やスキルは?

転職がさらに有利になる管理薬剤師の経験やスキルは、転職先によって大きく異なりますので、自身の持っている経験やスキルを最も生かす事が出来る転職先を見つけることが必要となります。

 

例えば調剤薬局でも、在宅に力を入れている、調剤薬局業務のみ、漢方に力を入れている等様々なタイプがありますので、自分自身の経験やスキルが活かせる転職先を見極めなければいけません。

在宅業務に力を入れている調剤薬局

特に在宅を行う為に資格は必要ありませんが、実務経験、つまり医師とのカンファレンス、ケアマネージャーとの連携や医師への報告書の作成等経験があるのと無いのとでは大きく異なります。

 

まだまだ認定数が数少ない在宅療養支援薬剤師資格を取得していると転職は勝ち取ったといってもいいでしょう。

調剤薬局業務のみを行っている

在宅等の業務を行っていなく調剤薬局業務のみを行っている企業においては、ほとんどの場合において店舗運営の能力がある事が転職にあたり有利となります。

 

規模の大きい所では薬剤師だけで数十人という多い薬局もあり、その中で薬剤師としてまた管理者として人・物・金の管理が出来る人物が求められます。

 

よって資格を持っているという事よりも、これまでどのような規模の薬局でどのように働いてきて、成果はどうであったかをしっかりと説明できる事が何よりも必要となります。

漢方に力を入れている調剤薬局

漢方に力を入れている調剤薬局であれば漢方薬局での実務経験に勝るものはありませんが、漢方薬・生薬認定薬剤師資格を持っていると転職に有利になります。

 

漢方は専門知識を求められるので漢方専門での経験がない場合はなるべく若いうちからの転職をおすすめします。

管理薬剤師の求人が多いおすすめの転職サイト

管理薬剤師経験がある薬剤師であるからこそ有利な条件で転職活動を進める事が出来ます。

 

その経験を最大限に生かせるのが転職サイトに登録をし、コンサルタントとの面談で自身の強みを自身で把握する事で良い条件で転職出来る近道となります。

薬キャリ

8ed863199ae735b4a5149cf4a42e82a31

 

薬キャリでは薬剤師本人の希望に応じて履歴書や職務経歴書の添削、面接対策アドバイスを無料で受ける事が出来、管理薬剤師をこれまでしてきた経験を最大限アピール出来るようにサポートしてくれます。

 

また薬キャリの特徴の一つとして、電話やメールでのサポートを基本としている事から、管理薬剤師として忙しく働いていてなかなか転職活動に時間が取れない方にとっても非常に利用しやすい事で評判の転職サイトが薬キャリなのです。

 

管理薬剤師が転職活動をするにあたり、まず登録する転職サイトとしておすすめします。

 

薬キャリに無料登録して求人情報をチェック!


マイナビ薬剤師

mynavi

 

マイナビ薬剤師 でも薬キャリ同様に、効果的な履歴書の書き方や職務経歴書の添削、また面接時にどのように話をするか、質問に答えたらいいかなどの面接対策サポートを行ってくれます。

 

ただマイナビ薬剤師は薬キャリと異なり直接会って面談を行ってくれます。また直接会う時間がなかなか取れない場合や居住地の関係で難しい場合においてはメール、電話対応も可能となるので各々の希望にあったオーダーメイド対応が可能となります。

 

マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーが業界事情にとても詳しく非常に頼りになるので、あなたにあった転職先を探すサポートが出来るマイナビ薬剤師への登録もあわせておすすめします。

 

マイナビ薬剤師の無料登録はこちら


管理薬剤師の転職は有利!だからこそ決断してみませんか?

管理薬剤師経験があるという事は転職に非常に有利になるという事はおわかりになったかと思います。その経験を最大限に生かすも殺すも転職活動方法次第になります。

 

転職サイトのサポートを受ける事で、自身の管理薬剤師としての魅力を最大限に伝える事、そして転職先選びにおいて最も希望にあった就職先を探す事が効率的に出来るなどメリットがあります。

 

そのメリットを活用し転職先を探す事で、今の年収、勤務条件や人間関係などに悩んでいるとしたらその環境を変えるチャンスです。新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア