薬剤師転職deリスタート

薬剤師は一般企業に転職できる?業種別、企業で働く薬剤師の仕事内容とは

Pocket

 

「薬剤師はドラッグストアや調剤薬局しか転職できない」

「薬剤師が一般企業で働く事は一般的に新卒入社、第2新卒ぐらいでないと不可能!」

 

と思っている方は多いです。

 

しかし、薬剤師が転職して一般企業で働く事は十分に可能です。

 

今回はそんな一般企業への転職を希望しているあなたに、どのような業種があってその仕事の想定年収はどの程度なのか、そして転職を成功させる為にはどうすればいいかを紹介します。

薬剤師が転職できる企業と仕事内容

薬剤師が転職出来る企業といっても、その転職先は複数あります。製薬会社1つとっても臨床研究職から学術など幅広くなっています。

 

また、製薬会社以外にも多くの転職可能な企業があります、ここでは薬剤師が転職できる一般企業(業種別)の仕事内容と想定年収を紹介します。

製薬企業(研究職)

仕事内容

製薬企業研究職はその名の通り製薬会社での新薬創作、動物実験での安全性確認などを行う業種となり、企業が存続する元となる医薬品の研究開発部署であり頭脳が集まった集団となります。

 

転職での就職は非常に難しくなっており、研究経験がないとまず転職は不可能と思った方がいいでしょう。

 

想定年収

研究職の年収は企業によって非常に幅があり、600~1000万円となっています。

 

大企業であれば高年収である事が多くなり、年収1000万円を超えるケースが出てきます。

製薬企業(MR職)

仕事内容

医薬品の業職がMRとなります。病院やクリニックの医師を訪問し医薬品情報等を伝える営業となります。

 

また、医師だけでなく調剤薬局や病院の薬剤師に対しても医薬品情報を伝える役割を担っています。

 

なお外資系企業でキャリアアップしてマネージャークラス以上を目指すのであれば、英語は必須となる事がほとんどとなります。

 

想定年収

大手企業になればなるほど年収が高くなる傾向にあり1000万円以上を稼ぐようになるまでに一番早い業種といえるでしょう。

 

しかしジェネリックメーカー、中小企業MRではそれほど高額な年収は期待出来なくなっています。よって500万~1200万円と幅がある想定年収となります。

製薬企業(学術)

仕事内容

企業によって仕事内容に幅がありますが、医薬品情報管理業務担当と呼ばれるDI担当や、自社医薬品の勉強会をMRに対して実施する事やコールセンター対応などの業務が中心となります。

 

また日々の勉強が必須であり、また英語での資料や論文読解が必要となる事も多いので、英語能力は必須です。

 

また英語レベルについてはTOEICなどの机上レベル(リーディング、ライティング)だけではなく、実際のビジネスレベルで使用できる会話力を含めた英語力が特に外資系製薬企業においては必要となります。

 

想定年収

600~800万円と比較的高年収となる傾向があります。

 

製薬企業(品質管理管理薬剤師)

仕事内容

医薬品製造工場内での医薬品の品質が適正に保たれているかの管理や、製造された医薬品が許可された成分内容と異なっていないか、などの成分分析業務が仕事内容となります。

 

想定年収

製薬企業品質管理薬剤師の年収は450~550万円前後が多くなっています。

CRO医薬品開発業務受託機関(CRA他)

仕事内容

製薬企業の医薬品開発に関する業務許可申請関係業務、治験の支援業務など多岐にわたり、医薬品開発に製薬会社以外の第三者機関として関わる事が出来る仕事内容となります。

 

転職にあたって英語力が求められる事も多くなり、TOIEC700点以上を求められる事が多くなっています。

 

想定年収

想定年収はCROの中での業務が分かれ担当部署によって異なり、400~900万円と幅が出てきます。

 

英語力によっても年収に差が出てきますので英語力に自身がある方には有利になります。

 

ただし採用条件としてTOEIC点数で700点以上を求めれらる事も多くなるので、英語力があった方が有利となります。

医薬品卸会社(管理薬剤師)

仕事内容

医薬品卸会社は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」といわれ、また略すと「医薬品、医療機器等法」という法律により管理薬剤師を配置する必要があり営各業所に必ず薬剤師が勤務しています。

 

各営業所での管理薬剤師としての業務は、覚醒剤や麻薬に関する管理、品質管理、MS(マーケティングスペシャリスト)への教育関連などの業務を行います。

 

想定年収

年収はそれほど高くなく400~500万円ほどである事が多くなっています。

 

福利厚生や休みがしっかりと土日祝日にとれる事が多いなどの理由により女性薬剤師からの人気が高くなっています。

企業(診療所薬剤師)

仕事内容

従業員専用の診療所、つまり病院での勤務となり、この診療所を持っている企業自体が非常に少なくなっている事から、求人数も非常に少なく転職はかなり難しいと思って下さい。

 

その仕事内容ですが、従業員専用診療所内での調剤業務、その他健康管理業務などとなります。大まかに調剤薬局での業務を想定していいでしょう。

 

想定年収

企業内薬剤師の年収は400~500万円の場合が多く、給与としては平均です。

 

しかし、休日とのバランスを取りたい薬剤師にとっては平均的な年収が稼ぐ事が出来る事から人気が高くなっています。

 

人気のある代表的な業種として企業での研究職がありますが、求人自体が非常に少ない事と未経験者採用はないに等しいので経験者でかつ相当に実力がないと転職は難しいと思って下さい。

 

なお臨床開発職という業種もありますが、こちらは研究職というよりは新薬の臨床試験に関わる事がメインとなり営業職寄りとなり研究職とは業務内容が大きく異なりますので注意が必要となります。

企業で働く薬剤師のメリット・デメリット

企業で働く薬剤師のメリット

企業で働く薬剤師のメリットは、業種によってももちろん異なりますが、やはり福利厚生や労働環境がしっかりしている場合があげられるでしょう。これらのメリットについて紹介します。

 

福利厚生が多い

住宅手当などの家賃補助がしっかりとある、また有給休暇の取得率が高かったり、リフレッシュ休暇などと呼ばれる独自の連続休暇制度を用意している企業も多くあります。

 

労働環境が良い

土日が休める。これ労働環境の一番のメリットでしょうか。調剤薬局では、大学病院などの門前薬局でない限り土曜日は営業している事がほとんどとなり、逆に土曜日は非常に忙しい日となる事が多くなります。

 

ドラッグストアでは基本的に無休営業となりますので、シフト制になっていますが、土日に売り上げが大きく上がる店舗ではやはり公休を取る事は難しいと考えていいでしょう。

 

よって、調剤薬局やドラッグストアにおいては、土曜日に休みを取る事はかなり難しくなります。社員で働くのであればなおさらです。企業で働く薬剤師では土日曜休みが普通となりますので、子供と一緒に泊まりで旅行に出かけたりする事が可能となります。

 

年収が高い

企業で働く薬剤師の年収は、新卒で入社した場合は薬剤師として低い場合もありますが、30代で1000万円を超えるケースも出てくるなど、その後の昇給ペースは速い場合が多く非常に魅力的で大きなメリットとなります。

 

転職での場合は前職での年収が考慮される場合が多く、企業に転職してからの昇給にも業種として期待できます。

 

調剤薬局、ドラッグストアでは初任給は高い事が多いのですが、その後の昇給ペースが緩やかかつ上限が低いケースがほとんどとなりますので、現在の職場で年収が伸び悩んでいる方にとっては企業転職は大きなメリットとなります。

 

福利厚生の1つとしてとある大手企業の例

 

「住宅手当の額がなんと10万円!」

 

友人が勤める大手企業では家賃補助(住宅手当)制度があり賃貸マンションの家賃がほぼ全額補助されています。

 

その額月間で10万円となっており、驚愕の金額でした。住宅手当自体が亡くなっている会社が多くなる中でのこの金額には驚きを隠せませんでした。

企業で働く薬剤師のデメリット

企業で働く薬剤師のデメリットについて、そのデメリットは場合によってはメリットにもなりますが紹介してみましょう。

 

転勤がある

全国展開している企業では全国各地に支店がある事から転勤は避けて通れません。

 

基本的に数年単位での異動となる事が多くなっており、慣れた頃にまた違う都市へ転勤となる事が発生します。

 

転勤については色々な場所に住む事が出来るので楽しいという方と地元から離れたくないという方がいらっしゃるのでメリットにもデメリットにもなりえますね。

 

帰宅時間が読めない

特にMRの場合に多くありますが、帰宅時間が読めないという事が発生します。医師あってのMRになるので病院訪問は医師の都合に合わせてとなります。

 

医師が夕方や夜からの面会を希望すれば、もちろんその時間にアポをとって面会をしますので時には面会開始が21時過ぎからというケースもあります。

 

しかし、日程を自分で調整する事もある程度は可能なので毎日夜遅くなる事はないので、それほど心配する事はありません。

企業で働く薬剤師が求められるスキルは?

企業で働く薬剤師に求められるスキルは様々ですが、ほぼ必須のスキルについてはどの業種においてもパソコンスキルとなります。調剤薬局、ドラッグストアや病院では無くてもなんとかなっていたパソコンスキルでも企業勤務では必要となります。

 

また、自動車運転免許も外回りする時は必要になる事も多くなっていますので、この2点は最低限のスキルとして持っていた方が厳しい企業面接をクリアする最低条件となる可能性が高くなります。

 

上記以外では対人業務が必要な業種と必要でない業種では両極端となります。ここでは対人業務が必要なケースとそうでないケースに分けて紹介します。

対人業務が必要とされるケース

代表的な業種はMRとなります。MRでは人対人となりますので、対人力つまりコミュニケーション能力が非常に重要なウエイトを占めてきます。

 

第一印象、清潔感、話題の豊富さなど求められ、また相手は地位の高い医師となりますので話し方や会話のテーマについても日々勉強していく必要があります。

 

また、最近では原則禁止となった接待ですが、接待としてではなく付き合いも必要なケースについてはまだあります。

対人業務が必要とされないケース

代表的な業種として学術、研究職となります。もちろん対人業務がまったくない訳ではありませんが、必要最低限で済む場合が多く、コミュニケーションをとる事が苦手な方にとってはお勧めの業種となります。

 

学術であれば、日々の学習は必須となりますので、学習意欲が高い薬剤師でないと務まりません。日々自ら勉強していく事が求められます。

企業への転職難易度は高い?面接対策は必須

企業への転職難易度は、調剤薬局やドラッグストアと比較にならないくらい高いと思って下さい。いかに他者との差別化を打ち出せるかが勝負となります。

 

それは面接時に、自らのアピール能力を高めるのがまず一番大切です。いくら能力が高くても、本番の面接で発揮出来なくては全く意味がありません。

 

相手の企業が求める人物像である事をアピールする必要があるので、面接対策の事前準備は必須です。

 

また、面接が不安な方は「面接が不安な薬剤師の方必見!面接に合格する大事な3つのポイント」を是非チェックしてください。

一般企業の求人に強い転職サイトは?面接のアドバイスもしてくれる?

一般企業の求人に強い転職サイトは下記の2社となり、転職を少しでも考えているのであれば、まず登録する事をおすすめします。

 

なぜなら、登録する事で一般企業に関する情報をコンサルタントから得る事が出来ます。

 

このコンサルタントから得られる情報は、自分で集める情報よりタイムリーかつ非公開情報である事が多々あるからとなります。

 

非公開情報という言葉がでましたが、企業が求人募集をかける際は非公開求人が多く、また募集期間も圧倒的に短いことが多い事からも転職サイトへの登録は必須となります。

 

また、一般企業への転職に必須の面接対策も行ってくれる事から転職サイトに登録しない理由がない訳です。

薬キャリ

8ed863199ae735b4a5149cf4a42e82a31

 

薬キャリは大手エムスリーキャリアが運営している薬剤師転職サイトとなります。エムスリーキャリアでは医師の転職サイトも運営しており、医師の業界にも精通している会社となっています。

 

求人件数もトップクラスの多さとなっており、他の転職サイトではなかなか取扱いが見られない求人があったりと、まず登録する転職サイトとして欠かす事は出来ないのがエムスリーキャリアとなります。

 

またコンサルタントがスピーディーに対応してくれる事が多く、企業ならではの期間限定募集やクローズドの募集の際に非常に心強い味方となってくれています。

 

また面接対策として、本人の希望に応じて職務経歴書や履歴書の書き方についてのアドバイスや面接対策についてのバックアップももちろんありますので、まず登録する転職サイトとして一押しがエムスリーキャリアとなります。

 

薬キャリに無料登録して求人情報をチェック!

マイナビ薬剤師

mynavi

 

マイナビ薬剤師も大手転職サイトとなり一般企業転職を目指すにあたりなくてはならない存在となります。学生向け就職情報サイトも運営しており春には大規模な合同企業説明会も行っています。

 

企業とのつながりも深く、求人倍率が高くなる事が多い一般企業への転職希望者とって非常に重要な情報も入りやすい転職サイトと言える事からこちらも登録必須といえるでしょう。

 

またマイナビに登録するメリットとして面接対策を直接会って実施してくれる事となります。メールや電話だけでの面接対策では不安が残る場合に非常に頼りになるサービスとなりますね。

 

マイナビ薬剤師の無料登録はこちら

薬剤師の一般企業への転職まとめ

薬剤師が一般企業に転職する場合において、求人倍率が非常に高くなる事が多く、また期間限定・クローズドな求人もある為、面接対策をしっかりと行う事、情報収集をこまめに行う事が必要となってきます。

 

そうなると個人で転職活動を行う事は非常に無駄が多く効率的ではなく、転職サイトの活用は必須とも言えます。まずは転職サイトに登録し情報を得る事から始める事が薬剤師の一般企業への転職のスタートとなります。

 

しっかりと面接対策を行い、転職サイトの力を借りる事で、難しいと言われている一般企業への転職の道は必ず開かれます。あなたの一般企業への転職が成功するよう願っています。

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア