薬剤師転職deリスタート

スギ薬局に転職検討中の薬剤師必見!働き方から評判まで解説

Pocket

 

スギホールディングスは1976年に杉浦広一・昭子夫妻が始めた愛知県の小さな薬局から始まっています。御夫妻は共に薬剤師で、地域住民に非常に愛された薬局でした。

 

早い段階からアメリカ最大手のドラッグストア「ウォルグリーン」をモデルに展開し、今では大手ドラッグストアへと成長しました。

 

今回は、スギホールディングスの特徴や働き方について解説をします!

スギホールディングス発展の軌跡について

スギホールディングスについて

スギホールディングスは本社が愛知県にあり、社長・副社長共に薬剤師&創業者ということで有名です。

 

ちなみにスギホールディングスのスギは社長の杉原氏の杉から取って名付けられているとのことです。

 

薬剤師の中には、代表が薬剤師である会社を希望する人も多く、OTCドラッグストアだけでなく調剤も学べるバランスの良い環境を好む薬剤師から人気の会社です。

 

会社名 スギホールディングス株式会社
設立 1976年
従業員数 連結4,927人
店舗数 グループ全体1,048店舗
(関東エリア265店舗、中部エリア419店舗、関西エリア364店舗)
事業内容

ドラッグストア事業(小売業)・保険調剤事業

ホームページ http://www.sugi-net.jp/

 

 

設立からの流れ

1976年 スギ薬局創業

1982年 株式会社スギ薬局設立

1998年 日進物流センター稼動

2000年 ナスダックジャパン上場、スギポイントカード導入

2001年 東証一部・名証一部へ上場、薬事研修センター(現 薬事研修センター名古屋校)・薬事情報センターを開設

2003年 クリーンルーム開設

2005年 株式会社ジャパンの株式を50.1%取得し、連結子会社化

2006年 株式会社日本アポックの調剤併設型ドラッグストア11店舗を譲受け

2008年 持株会社体制に移行し『スギホールディングス株式会社』に商号変更、『株式会社スギ薬局』『スギメディカル株式会社』設立

2009年 京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻に「杉浦地域医療研究センター」寄贈

2012年 名城大学薬学部に「地域医療薬局学講座」開講

 

<事業>

①ファーマシー事業「スギ薬局」

薬剤師・登録販売員・調剤事務員などのメンバーが活躍しています。

 

②ドラッグ事業「ドラッグスギ・スギドラッグ」

薬剤師・登録販売員・総合職のメンバーが活躍しています。

 

③メディカル事業「スギメディカル」

介護関連施設にて、多くの看護師が活躍しています。

スギホールディングスの平均年収について

<ドラッグストア業界売上トップ5の平均年収(2016年)>

  会社名 平均年収
1位 ウエルシアホールディングス 785万円
2位 ツルハホールディングス 784万円
3位 マツモトキヨシ 732万円
4位 コスモス薬局 445万円
5位 スギホールディングス 645万円
  ココカラファイン 643万円
  サンドラッグ 514万円


スギホールディングスの年収は、トップ3の大手ドラッグストアの年収と比較して少し低い傾向にあります。

 

年収トップ2社のウエルシアホールディングスとツルハホールディングスの平均年収が784.5万円なので、単純に計算して年収で約140万円の差があります。月で10万円以上の差は大きいですね。


ちなみにスギホールディングスの一般求人では、ドラッグストア勤務者と調剤薬局勤務者で給料ベースが異なるので注意しましょう。

 

ドラッグストア勤務者求人:500〜650万円
調剤薬局勤務者求人:450〜550万円

 

OTC専門店舗と保険調剤併設店舗の両方があるドラッグストアでは、多くがOTC専門店舗勤務者の方が年収が高いデータがあり、スギホールディングスも同様の賃金体系です。

スギホールディングスでの薬剤師の働き方

勤務体制

・基本的に「関東エリア」「中部エリア」「関西エリア」の3つのエリアに区切られています

・転勤を伴う場合はナショナル、転勤を伴わない場合はエリア社員と区分されています。

・保険調剤薬局に勤務の場合は基本的に9:00〜19:00でシフト制。薬剤師一般求人募集の平均年収は450〜550万円。

・ドラッグストア勤務の場合は店舗の開店時間による変動労働時間制。薬剤師一般求人募集の平均年収は500〜650万円。

 

※スギ薬局の中途採用ページでは、総合薬剤師としての正社員年収モデルは30歳で660万円となっています。

教育制度

スギホールディングスの薬剤師に対する研修制度は非常に細かく設定されています。

 

社内の資格制度

国家資格とは異なり社内にG1〜G10の10段階の資格あり

 

G1〜G3:店長クラス

G4〜G5:課長・エリアマネージャークラス

G6〜G7:室長・部長クラス

G8〜G10:本部長クラス

image6

職位制度(一般会社で言う役職)

image7

 

職務制度(各社員に割り当てられた仕事)

薬剤師にとって要となる教育制度については、東京・大阪・名古屋それぞれエリア毎に自社完備の集合研修施設があります。

 

また、病院でしか実習を受けられないような輸液の調整(無菌室)も模擬調剤室として完備されているので充実した教育環境と言えるでしょう。

 

<学術的な研修>

社内・外研修
海外研修
通信教育(eラーニング導入)
セグメント別ステップアップセミナー
疾患別薬物療法セミナー

 

社内専任講師による定期的医学・薬学研修などもあり、薬剤師としての基礎から応用までステップアップできるようになっています。

 

また、京都大学や名城大学に寄付講座を持つなど、社長が薬剤師ならではの取り組みを行っています。

 

image8

福利厚生

福利厚生面は大手の会社ならではの充実ぶりで、下記が整備されています。

 

退職金制度
社宅制度
社員購買割引制度(特に化粧品は3割引き)
社員持株会
出産休暇、育児休業
短時間勤務制度
労働組合
全国にリゾートホテル

 

※労働組合ではユニオン費によって、被災地のボランティア、年に数回のレクリエーション、食事会などいろいろな活動が催されているようです。

こんな方はスギホールディングスがおすすめ

スギホールディングスの評判とメリット

・大学生アルバイトが在籍していて賑やか

・人間関係がよい

・近隣の店舗と競争関係にはならず助け合いができてよい

・会社は残業をしない方針なので残業が比較的少ない

・社員割があるので嬉しい

・仕事の業務や評価で男女差を感じなくて働きやすい

・パートさんが多くて助かっている

・年に2回は4連休が取得できる

スギホールディングスの評判とデメリット

・他のドラッグストアに比べて給料が安い

・転勤の有無で社員に区分けがあり、同じ仕事でも給料に差が出る

・店舗の売上げによって時給が上がる

・店舗で頑張ってノルマを達成してもなかなか給料に反映されない

・1店舗に正社員が2〜3名程度しか配属されない

・常に人手不足

・実働日数と時間が長くシフト制なので、月末にならないと翌月の休みが分からない

・売上げによって人員予算が決められるようで現場は大変

・店舗の忙しさによって有給消化の達成率が異なる

・連続休暇が4日以上ない

評判まとめ

スギホールディングスで働いている大半の社員は、他のドラッグストアより年収が低いことを不満に思っているようです。

 

また、店舗毎で売上げが評価されて配属人員が決定されるようで、人手不足で忙しいといった声もあがっています。

 

一方、パートさんには非常に好評で家から近い店舗に配属してもらえる・人間関係が良好で楽しい・時短制度や育児休暇が明けたら正社員に戻りたいなどの声も聞かれます。

 

店舗の主労働力の大半は若いアルバイトやパートさんで、これにより人員的な不足分を補っているようです。

 

結婚・出産・育児を視野に入れた女性薬剤師の方にとっては、パートの受け入れがよく人間関係も良好なスギコーポレーションは働きやすい会社と言えます。

 

住んでいる地域によっては近隣に系列店舗が沢山あるので選択肢の幅も広く、店舗の店長と肌が合わなくても近隣店舗に異動できるメリットがあります。

 

 

薬剤師のライフワークバランスの面では、体力のある20代でドラッグストアのOTCをみっちり学び、年収も高いので貯蓄を行っておくとよいでしょう。

 

結婚や育児等で変動労働制のシフト勤務が困難となったら、9時〜19時勤務の保険調剤の仕事に移って医薬品の調剤業務を習得すると、薬剤師のキャリアとしても盤石なものになります。

 

スギ薬局は保険調剤だけでなく、在宅業務に必要な無菌製剤の手技の取得のために模擬調剤室(無菌室)も完備されているので、オールラウンドの知識を習得できます。

 

将来的に他の調剤薬局に転職をする際には、高く評価されるでしょう。

スギホールディングスに転職検討してる薬剤師が登録しておきたい転職サイト

スギホールディングスへ転職検討している薬剤師は、一人で転職活動を行うより大手転職サイトに登録して活動することをオススメします。大手には大手の転職サイトが最適です。

 

もしたくさんある転職サイトの中からどこに登録するか迷った時には「薬キャリ」がオススメです!業界最大手で転職実績が多く、安心して利用できますよ。

 

出産後の育児休暇や時短勤務について面接時に直接聞くのは避けましょう。未来の不確定要素についてはコンサルタントさんを通してお伺いするほうが相手にとって心証がよいです。

 

個人的にここは外せないと思うところについては、あらかじめ箇条書きしてコンサルタントさんに頼んで情報収集しましょう。

 

また、近隣に店舗が数軒展開されてある地域の場合は見学もお願いできます!

まとめ

スギホールディングスは社長・副社長が薬剤師の大手ドラッグストアです。

 

そのため、薬剤師として必要となるOTC・保険医薬品・在宅の無菌製剤といった全ての分野を学べるインフラが整備されています。

 

女性薬剤師の方には、正社員としてもパートとしても働きやすい大手ドラッグストアなので、育児や家庭との両立を考えているママ薬剤師には最適と言えます。

 

幅広い知識と経験があれば、これから大きく変わる医療にも柔軟に適応できるでしょう。

 

薬キャリの公式サイトはこちら

 

Pocket

薬剤師転職サイト おすすめランキング

薬キャリ(エムスリー)

マイナビ薬剤師

ファーマキャリア